日本化学療法学会

認定制度

審議会が指定又は推薦する抗菌薬適正使用に関連したプログラム

 抗菌化学療法認定医・指導医・認定歯科医師制度では「審議会が指定する抗菌薬適正使用の関連したプログラム」および「審議会が推薦する抗菌薬適正使用に関連したプログラム」として、下記のシンポジウムを指定いたしますのでお知らせいたします。シンポジウム参加者にはそれぞれの単位を付与いたします。

抗菌化学療法認定医制度審議委員会

指定プログラム
対象 第66回日本医真菌学会総会・学術集会:シンポジウム4(2022年8月23日掲載)

【本委員会が指定するプログラム】
第66回日本医真菌学会総会・学術集会:シンポジウム4

会期 2022年10月1日(土曜日)10:00~11:40
会場 長良川国際会議場 第1会場
単位 10単位

シンポジウム4「希少深在性真菌症の診断・治療ガイドラインから学ぶ」

座長:澁谷 和俊(東邦大学医学部病院病理学講座)
   掛屋  弘(大阪公立大学大学院医学研究科臨床感染制御学)

序説:希少深在性真菌症診断・治療ガイドライン作成の背景
   掛屋   弘(大阪公立大学大学院医学研究科臨床感染制御学)

演者:

  1. ムーコル症の診断・治療
    神田 善伸(自治医科大学血液科)
  2. 輸入真菌症(C.aurisを含めて)
    渡辺  哲(千葉大学真菌医学研究センター臨床感染症分野)
  3. 希少真菌による眼病変の診断・治療
    望月 清文(JA岐阜厚生連岐阜・西濃医療センター岐北厚生病院)
  4. システマティックレビューWGの取り組み・進捗状況
    木村 俊一(自治医科大学附属さいたま医療センター血液科)

受講方法

  1. 現地参加の場合
    第66回日本医真菌学会総会・学術集会の参加費は必ずお支払いください。
    会場入り口で「参加証」を配布いたしますので、お名前と所属名を参加証にご記入下さい。シンポジウム終了後に「出席票」となる半券を回収いたします。
    参加証は、認定申請、更新の際に必要となりますので、保管して下さい。
  2. Web参加の場合
    第66回日本医真菌学会総会・学術集会のホームページより学会参加の事前登録をお願い致します。
    視聴方法に関する詳細は第66回日本医真菌学会総会・学術集会のホームページをご確認下さい。
    視聴ログが確認できない場合は単位が付与できませんのでご留意ください。
    参加証明は認定申請、更新の際に必要となりますので、保管して下さい。

第66回日本医真菌学会総会・学術集会 事前参加登録
https://med-gakkai.jp/jsmm2022/jizen/
第66回日本医真菌学会総会・学術集会 事務局
愛知医科大学 感染症科
〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
TEL:0561-62-3311(内線22353) FAX:0561-61-1842
E-mail:jsmm2022@aichi-med-u.ac.jp

最終更新日:2022年9月26日
このページの先頭へ