日本化学療法学会

委員会報告・ガイドライン

抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022(Executive summary)

抗菌薬TDMガイドライン再改訂委員会
公益社団法人日本化学療法学会/一般社団法人日本TDM学会

(2022年2月14日 掲載)

抗菌薬TDMガイドライン再改訂委員会

日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会

  • 委員長
    竹末芳生(常滑市民病院感染症科、兵庫医科大学感染制御学)
  • 副委員長
    木村利美(東京女子医科大学病院薬剤部)
    松元一明(慶應義塾大学薬学部薬効解析学講座)
  • 委員
    茂見茜里(鹿児島大学病院薬剤部)
    添田 博(東京医科大学病院薬剤部・感染制御部)
    高橋佳子(兵庫医科大学病院薬剤部)
    辻 泰弘(日本大学薬学部薬剤師教育センター)
    中馬真幸(旭川医科大学病院薬剤部)
    丹羽 隆(岐阜大学医学部附属病院薬剤部)
    花井雄貴(東邦大学医療センター大森病院薬剤部)
    藤居 賢(札幌医科大学附属病院薬剤部)
    真弓俊彦(産業医科大学医学部救急医学講座)
    庄司健介(国立成育医療研究センター感染症科)
    川村英樹(鹿児島大学病院感染制御部)
    尾田一貴(熊本大学病院薬剤部)(バンコマイシンTDMソフトウェア開発ワーキング委員長として)

日本化学療法学会バンコマイシンTDMソフトウェア開発ワーキング

  • 委員長:
    尾田一貴(熊本大学病院薬剤部)
  • 委員
    竹末芳生(常滑市民病院感染症科、兵庫医科大学感染制御学)
    木村利美(東京女子医科大学病院薬剤部)
    松元一明(慶應義塾大学薬学部薬効解析学講座)
    庄司健介(国立成育医療研究センター感染症科)
    高橋佳子(兵庫医科大学病院薬剤部)
    川村英樹(鹿児島大学病院感染制御部)

日本TDM学会TDMガイドライン策定委員会抗菌薬小委員会

  • TDMガイドライン策定委員長
    増田智先(姫路獨協大学薬学部)
  • 抗菌薬小委員長
    池田賢二(国際医療福祉大学成田病院薬剤部)
  • 委員
    山田智之(大阪医科薬科大学病院薬剤部)
    加藤隆児(大阪医科薬科大学薬学部循環病態治療学研究室)
    山本武人(東京大学大学院薬学系研究科医療薬学教育センター)
    猪川和朗(広島大学大学院医歯薬保健学研究院臨床薬物治療学)
    小林昌宏(北里大学薬学部薬物動態学)
    浜田幸宏(東京女子医科大学病院薬剤部)
    寺田智祐(京都大学医学部附属病院薬剤部)
    尾田一貴(熊本大学病院薬剤部)

閲覧にはIDとパスワードが必要です。パスワードについて

ホームページ掲載版

抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022(Executive summary)会員専用(PDF 2.22MB)
日本化学療法学会雑誌 Vol. 70, 2022年1号(1月) p.1~72

※フルテキスト(各論+総論)は、会員以外への啓発目的のため、学会誌とは別に冊子を発刊しております。
冊子をご希望の方はこちらからお申し込みください

正誤表

(2022年8月9日 掲載)

日本化学療法学会雑誌 P.45
抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022 A4冊子版 P. 92、ポケット版 P.87

表1. 各アミノグリコシド系薬における初期投与設計と目標Cpeak、血中トラフ濃度
グラム陽性菌に対する併用治療(GMのみ適応)
TDM目標値(μg/mL)ピーク
【誤】
3~5
【正】
3~4(3分割)

ホームページ掲載更新版(ボリコナゾール)

抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022 VRCZ executive summary 更新版(PDF 720KB)
※和文誌版の更新版は、9月発行の日本化学療法学会雑誌 Vol. 70(5)に掲載予定です。
 図表番号は(冊子版、表または図○)の冊子版を和文誌版に置き換えてご参照ください。

最終更新日:2022年8月9日
このページの先頭へ