日本化学療法学会

委員会報告・ガイドライン

抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022、ボリコナゾール更新版発行について

(2022年8月9日 掲載)

日本化学療法学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会
委員長 木村 利美、前委員長 竹末 芳生

 この度、ボリコナゾールのTDMガイドラインを英文化するにあたり、かなり重要な箇所で内容の変更が行われ、またシステマティックレビュー&メタ解析も新たに実施いたしました。日本語版も整合性を合わせるために、大幅な修正が必要で正誤表の発表に留めるわけにはいかないと判断しました。そのためガイドラインポケット版は第2版:部分改訂(ボリコナゾール更新版)を発刊することにいたしました。それに伴い、残った初版のポケット版は廃棄いたします。なお、今後、ガイドライン冊子体本体を購入される先生方には、ボリコナゾール更新版を添付してお送りいたします。すでにガイドラインを購入された先生方には大変ご迷惑をおかけしますが、ホームページに掲載する内容を参考にご使用されますようお願い申し上げます。

ホームページ掲載版
最終更新日:2022年8月9日
このページの先頭へ