ページの先頭です
  1. ホーム >
  2. 認定制度 >
  3. 抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定委員会が指定したプログラム
認定制度

抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定委員会が指定したプログラム

 抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会では「単位取得の対象となる項目」の1.「本学会学術集会において本委員会が指定したプログラム」として下記のシンポジウムを指定します。出席者にはそれぞれ該当の単位を付与いたします。

抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会

本学会学術集会において本委員会が指定したプログラム
対象 第65回日本化学療法学会学術集会:シンポジウム5(2017年2月23日掲載)
第65回日本化学療法学会学術集会:シンポジウム8(2017年2月23日掲載)
このページの先頭へ

【本委員会が指定したプログラム】
第65回日本化学療法学会学術集会:シンポジウム5

会期 2017年4月7日(金曜日)8:50~10:50
会場 京王プラザホテル 5階エミネンスホール 第1会場
単位 10単位

シンポジウム5「特殊病態下や小児、肥満における感染症治療の考え方」

司会:高橋佳子(兵庫医科大学病院薬剤部)
   松元一明(慶應義塾大学薬学部・薬学科)

演者:

  1. 「腎機能低下時における感染症治療の考え方」
     田中亮裕(愛媛大学医学部附属病院薬剤部)
  2. 「持続血液濾過透析、血液透析」
     柴田啓智(済生会熊本病院薬剤部)
  3. 「敗血症における感染症治療の考え方」
     添田 博(東京医科大学病院薬剤部)
  4. 「小児における感染症治療の考え方」
     諏訪淳一(東京都立小児総合医療センター薬剤科)
  5. 「特殊病態下や小児、肥満における感染症治療の考え方~肥満~」
     浜田幸宏(東京女子医科大学病院薬剤部)

受講方法

  1. 第65回日本化学療法学会学術集会の参加費は必ずお支払いください。
  2. 事前申し込みは不要です。
  3. 会場入り口で「参加証」を配布いたしますので、お名前と所属名を参加証にご記入下さい。
  4. シンポジウム終了後に「参加証」の半券を回収いたします。残り半券は、認定申請、更新の際に必要となりますので、保管して下さい。
このページの先頭へ

【本委員会が指定したプログラム】
第65回日本化学療法学会学術集会:シンポジウム8

会期 2017年4月7日(金曜日)13:20~15:20
会場 京王プラザホテル 5階エミネンスホール 第1会場
単位 10単位

シンポジウム8
「市中病院で実践するAntimicrobial Stewardship―多職種の連携と薬剤師の役割―」

司会:藤村 茂(東北医科薬科大学薬学部臨床感染症学教室)
   山岸由佳(愛知医科大学病院感染症科)

演者:

  1. 「感染症専門医不在の病院における認定薬剤師の役割」
     中居 肇(東北労災病院薬剤部)
  2. 「管理職兼務としての感染制御専門薬剤師の役割
     ~薬剤部門と感染部門をどうマネジメントしていくか~」
     木村匡男(鈴鹿回生病院薬剤管理課)
  3. 「地域の基幹型急性期病院で実践するAntimicrobial Stewardship」
     若林純平(医療生協さいたま埼玉協同病院薬剤科)
  4. 「専門看護師の立場からASTにおける抗菌薬化学療法認定薬剤師に期待すること」
     富樫ふみ(東北公済病院感染対策室)
  5. 「感染症専門医・ICDの視点から
     感染症認定薬剤師のいない状況下での専任薬剤師との連携と課題について」
     水谷 哲(大阪警察病院感染管理センター)

受講方法

  1. 第65回日本化学療法学会学術集会の参加費は必ずお支払いください。
  2. 事前申し込みは不要です。
  3. 会場入り口で「参加証」を配布いたしますので、お名前と所属名を参加証にご記入下さい。
  4. シンポジウム終了後に「参加証」の半券を回収いたします。残り半券は、認定申請、更新の際に必要となりますので、保管して下さい。