ページの先頭です
  1. ホーム >
  2. 認定制度 >
  3. 抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定学術集会 過去の記録
認定制度

抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定学術集会 過去の記録

第20回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2017年3月25日(土曜日)16:00~19:00
会場 TKP神戸三宮カンファレンスセンター 5階ホール5B
神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館
TEL:078-241-5990

プログラム

  • 16:00~17:30 [基礎講演]
    「肺炎」
     座長 新須磨病院 西海一生
     講師 三田市民病院 岡本和久
  • 17:30~19:00 [症例検討]
    「呼吸器に基礎疾患をもつ患者の発熱」
     司会 新須磨病院 西海一生
     症例提示 三田市民病院 岡本和久
  • 19:00 [確認試験]

参加費

200円

共催

兵庫県病院薬剤師会、北六甲抗菌化学療法実践セミナー、Meiji Seika ファルマ株式会社

このページの先頭へ

平成28年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 1回目 2016年4月3日(日曜日)
2回目 2016年7月10日(日曜日)
3回目 2016年10月9日(日曜日)
4回目 2017年1月15日(日曜日)
5回目 2017年3月19日(日曜日)
会場 三宮

教育内容

回数・会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
1回目
2016年4月3日(日曜日)
市中肺炎の治療 カンジダ血症の治療 人工関節感染症
2回目
2016年7月10日(日曜日)
院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
3回目
2016年10月9日(日曜日)
尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
4回目
2017年1月15日(日曜日)
腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
腎機能低下時における抗菌療法(透析、CHDF) 術後発熱
5回目
2017年3月19日(日曜日)
画像検査の読み方、グラム染色活用法、症例グループ討論(数例)

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

世話人

竹末芳生(兵庫医科大学感染制御学 主任教授)
朝野和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部 教授)
荒川創一(三田市民病院 院長、神戸大学客員教授)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部 教授)

事務局・お問い合わせ

兵庫医科大学病院薬剤部 担当:高橋佳子
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号
E-mail:yktabu@hyo-med.ac.jp

この講習会に関するお問い合わせは、上記の事務局の高橋までお願いいたします。なお、電話によるお問い合わせは、お受けしておりません。ご了承ください。

このページの先頭へ

京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)第13回研究会

会期 2017年3月12日(日曜日)15:00~18:15
会場 TKPガーデンシティー京都 7階「橘」
京都府下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 京都タワーホテル
TEL:075-600-2816(代)

プログラム

  • 15:00~15:15 [情報提供]
    「カンサイダスについて」MSD株式会社
  • 15:15~15:45 [特別講演]
    「感染症診療の基本型Part II」
     洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨

感染症診療・感染制御に係る報告、ディスカッション

  • 15:45~16:15 [現状報告]
    「重傷感染症で治療が難渋した症例」
     座長:京都市立病院薬剤科 村田龍宣
     演者:京都第二赤十字病院薬剤部 澤田真嗣
  • 16:15~18:00 [ディスカッション]
     コメンテータ:洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨
  • 18:00~18:15 [確認試験]

参加費

ICPEM参加費500円および日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

事務局

感染制御薬剤師エキスパートミーティング
〒612-8473 京都市伏見区下鳥羽広長町101
医療法人社団蘇生会蘇生会総合病院 薬剤部内
TEL:075-621-3101

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会、MSD株式会社

このページの先頭へ

平成28年度大阪抗菌薬倶楽部(大阪ABC)研究会

会期 1回目 2016年5月7日(土曜日)
2回目 2016年9月3日(土曜日)
3回目 2016年11月26日(土曜日)
4回目 2017年3月4日(土曜日)
特別講演 2017年1月14日(土曜日)
※特別講演につきましては当認定学術集会の単位対象外です。
会場 堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)

教育内容(予定)

回数・会期 解説 症例検討
1回目
2016年5月7日(土曜日)
感受性結果の見方 発熱性好中球減少症
2回目
2016年9月3日(土曜日)
抗菌薬のTDM
TDMガイドライン改訂について
腹腔内感染症
3回目
2016年11月26日(土曜日)
尿路感染症の抗菌薬療法 敗血症
4回目
2017年3月4日(土曜日)
抗菌薬適正使用について改めて考えてみよう 骨感染症
特別講演
2017年1月14日(土曜日)
ASPに関連する内容 未定

※特別講演につきましては当認定学術集会の単位対象外です。

参加費

1回につき500円

定員

100名程度

事務局

堺市立総合医療センター 石坂敏彦
E-mail:Ishizaka-yaku@sakai-hospital.jp

このページの先頭へ

平成28年度関門地区感染症研究会 抗菌薬適正使用生涯教育セミナー

会期 第42回 2016年4月21日(木曜日)
第43回 2016年6月15日(水曜日)
第44回 2016年8月10日(水曜日)
第45回 2016年10月12日(水曜日)
第46回 2016年12月21日(水曜日)
第47回 2017年2月22日(水曜日)
時間 18:50~21:05
会場 産業医科大学 2号館2201教室

教育内容(予定)

回数・会期 コアレクチャー 症例検討
第42回
2016年4月21日(木曜日)
グラム陽性菌と抗菌化学療法 グラム陽性球菌による敗血症の1例、等
第43回
2016年6月15日(水曜日)
グラム陰性菌と抗菌化学療法 グラム陰性菌による深部膿瘍の1例、等
第44回
2016年8月10日(水曜日)
真菌と抗菌化学療法 真菌血症による1例、等
第45回
2016年10月12日(水曜日)
画像検査と抗菌化学療法 抗菌化学療法が奏功した肺炎の1例、等
第46回
2016年12月21日(水曜日)
病理検査と抗菌化学療法 侵襲性肺アスペルギルス症に対する抗真菌療法と病理診断、等
第47回
2017年2月22日(水曜日)
血液検査と抗菌化学療法 血液検査が結核の早期診断に有効であった1例、等

参加費

1回につき500円(学生は無料)

事務局

産業医科大学病院感染制御部内 関門地域感染症研究会
〒807-8555 北九州市八幡西区医生ケ丘1-1
電話:093-603-1611

このページの先頭へ

平成28年度 東播抗菌化学療法セミナー

会期 第17回 2016年5月17日(火曜日)
第18回 2016年8月23日(火曜日)
第19回 2016年11月15日(火曜日)
第20回 2017年2月21日(火曜日)
時間 18:45~20:45
会場 明石市生涯学習センター 学習室1(アスピア明石 北館7階)
〒673-0886 兵庫県明石市東仲ノ町6-1 TEL:078-918-5600

教育内容(予定)

回数・会期 基礎セミナー 症例検討 申込締切
第17回
2016年5月17日(火曜日)
これだけは知っておきたい周術期感染対策 初期抗菌薬で改善の見られない呼吸器症状のある患者 5月6日
第18回
2016年8月23日(火曜日)
TDM時に考えるべきポイント DICを伴った尿路感染症の症例 8月10日
第19回
2016年11月15日(火曜日)
敗血症診断バイオマーカー CZE無効、MEPM効果不十分であった腸腰筋膿瘍 11月4日
第20回
2017年2月21日(火曜日)
深在性真菌症の臨床診断 開頭血腫除去術後に40℃を超える発熱、痙攣重積発作があった症例 2月10日

参加費

1回につき500円

共催

東播抗菌化学療法セミナー、兵庫県病院薬剤師会、アステラス製薬株式会社

事務局

加古川東市民病院薬剤室 長谷川 浩司
E-mail:h-hasegawa@kakohp.jp

このページの先頭へ

第17回熊本呼吸器感染症セミナー
(Kumamoto Respiratory Infection Disease Seminar.:KIDS)

会期 2017年2月10日(金曜日)19:00~21:00
会場 熊本大学医学部教育図書講義棟
熊本市中央区本荘1-1-1
TEL:096-344-2111(代表)

プログラム

  • 19:00~19:10
    「グレースビット条50mgの有効性と安全性について」
     第一三共株式会社
  • 19:10~20:00 [セッションI:症例検討]
    「急性膵炎後に菌血症を呈した症例」
     熊本大学医学部附属病院薬剤部 尾田一貴
  • 20:00~21:00 [セッションII:トピックス]
    「厚生労働省 「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」の概要」
     熊本大学医学部附属病院呼吸器内科 岡本真一郎
     熊本市立熊本市民病院薬剤部 喜多岡洋樹

参加費

200円

共催

熊本呼吸器感染症セミナー、第一三共株式会社

事務局

熊本呼吸器感染症セミナー事務局
熊本大学医学部附属病院呼吸器内科 岡本真一郎・中村和芳

このページの先頭へ

第26回 東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2017年2月5日(日曜日)14:00~17:30
会場 TKPガーデンシティ名古屋新幹線口 バンケットホール7B
愛知県名古屋市中村区椿町1-16
TEL:052-990-2654

プログラム

  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式会社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    「酵母様真菌」
     愛知医科大学病院感染症科/感染制御部 山岸由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
     岐阜市民病院薬剤部 青山 智
  • 15:15~17:15 [SGD] 1症例1グループ
     司会進行 岐阜大学医学部附属病院薬剤部 丹羽 隆
     チューター 愛知医科大学病院感染制御部 森  健
    「MSSAによる髄膜炎および感染性心内膜炎を併発し治療に難渋した症例」
     岐阜県総合医療センター薬剤センター 牧田 亮
     総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨廣繁
  • 15:15~17:15 [確認試験] 

※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

連絡先

岐阜市民病院薬剤部 青山 智
〒500-8513 岐阜市鹿島町7-1
TEL:058-251-1101(代)

このページの先頭へ

第2回薬剤師のための大阪Shin感染症治療研究会

会期 2017年2月4日(土曜日)17:00~20:30
会場 TKPガーデンシティ PREMIUM大阪駅前
大阪市北区曽根崎新地2-3-21
TEL:06-4400-5264

プログラム

  • 17:00~17:15 [商品説明]
     Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 17:15~18:15 [特別講演]
    「肺炎診療~新しいガイドラインに基づいて~」
     大阪大学医学部感染制御部 朝野和典
  • 18:15~18:30 [休憩]
  • 18:30~20:20 [症例検討]
     コメンテーター:
      大阪市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学 掛屋 弘
      大阪市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学 山田康一
    「尿路感染症」
     大阪赤十字病院薬剤部 森田 直
    「カンジダ敗血症」
     大阪市立大学医学部附属病院薬剤部 川口博資
  • 20:20~20:30 [確認試験]

参加費

1,000円

共催

薬剤師のための大阪Shin感染症治療研究会、Meiji Seika ファルマ株式会社

事務局

大阪市立大学医学部附属病院薬剤部 中村安孝
〒545-8586 大阪市阿倍野区旭町1-5-7
TEL:06-6645-2269

このページの先頭へ

第7回長崎CID研究会
(Nagasaki Clinical Infection Disease conference)~感染症診療の基本を学ぶ~

会期 2017年1月28日(土曜日)15:00~18:00
会場 長崎大学病院「第三講義室」
長崎市坂本1-7-1
TEL:095-819-7200

プログラム

  • シンポジウム
     Keypad lecture「注目す感染症の原因菌Q&A」
      長崎大学大学院医歯学総合研究科病態分析・診断学分野 栁原克紀
     Symposium I「肝移植後に発熱を呈した一例」
      長崎大学大学院医歯薬学総合研究科臨床感染症学分野 田代将人
     Symposium II「発熱と鼻部の腫脹からショックを呈した症例」
      佐世保市総合医療センター呼吸器内科 住吉 誠
  • 特別講演
     「敗血症をめぐる最新事情~定義・ガイドラインはどうなる~」
      座長:長崎大学病院呼吸器内科 迎  寛
      演者:慶應義塾大学医学部救急医学 佐々木淳一

参加費

500円(学生・研修医無料/別途単位取得希望者は500円徴収)

共催

長崎CID研究会、長崎県病院薬剤師会、専門薬剤師会、大正富山医薬品株式会社

事務局

長崎CID研究会

このページの先頭へ

石川県病院薬剤師会 第11回石川県感染制御セミナー

会期 2017年1月28日(土曜日)14:00~16:10
会場 石川県立中央病院 健康教育館2階大研修室
石川県金沢市鞍月東2-1
TEL:076-237-8211

プログラム

  • 14:00~15:30 [症例検討会]
     アドバイザー:石川県立中央病院免疫感染症科 渡辺珠代
    「転倒後に腰痛を訴えた80歳代女性患者」
     浅ノ川総合病院薬剤部 奥村雅美
    「感染focus不明の持続する菌血症の1例」
     石川勤労者医療協会城北病院薬剤部 池田浩幸
  • 15:30~16:00 [講演]
    「症例検討会のふりかえり」
     石川県立中央病院免疫感染症内科 渡邉珠代
  • 16:00~16:10 [確認試験]

参加費

500円

主催

石川県病院薬剤師会

お問い合わせ

石川勤労者医療協会城北病院薬剤部 池田浩幸
〒920-0848 金沢市京町20-3
TEL:076-251-6111(代)

このページの先頭へ

平成28年度 第2回滋賀県病院薬剤師会感染制御委員会研究会(advance)

会期 2017年1月27日(金曜日)18:20~20:40
会場 ライズヴィル都賀山 5階ロータス
滋賀県守山市浮気町300-24
TEL:077-583-7181

プログラム

  • 18:20~18:30 [製品紹介]
    「タゾピペ配合静注用」
     Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 18:30~19:10 [特別講演]
    「尿路感染症における抗菌薬の適正使用~チーム医療における薬剤師の役割とは~」
     川崎医科大学総合医療センター泌尿器科 上原慎也
  • 19:10~20:30 [症例検討会]
  • 20:30~20:40 [確認試験]

参加費

滋賀県病院薬剤師会会員500円、非会員1,000円

共催

滋賀県病院薬剤師会、Meiji Seika ファルマ株式会社

このページの先頭へ

第2回 富山抗菌化学療法セミナー

会期 2017年1月21日(土曜日)14:00~
会場 富山県民会館 4階401号室
富山県富山市新総曲輪4-18
TEL:076-432-3111

プログラム

  • 14:00~14:20 [情報提供]
    「あすか製薬ジェネリック」
     あすか製薬株式会社
  • 14:20~15:20 [特別講演I]
     東京女子医科大学病院薬剤部 浜田幸宏
  • 15:20~15:30 [休憩]
  • 15:30~16:30 [特別講演II 症例検討]
     富山大学大学院医学薬学研究部感染症学講座 酒巻一平
  • 16:30~ [確認試験]

参加費

500円

共催

富山県病院薬剤師会、富山抗菌化学療法セミナー、あすか製薬株式会社

事務局・お問い合わせ

富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)医療薬学研究室 辻 泰弘
TEL:076-434-7584

このページの先頭へ

平成28年度熊本県病院薬剤師会 第4回感染制御研究会研修会

会期 2017年1月21日(土曜日)14:00~18:00
会場 熊本大学薬学部 宮本記念館
熊本県熊本市大江本町5-1
TEL:096-371-4651

プログラム

  • 症例検討会オブザーバー:九州保健福祉大学薬学部 佐藤圭創
  • 14:00~16:00 [症例検討会]
    「多発骨転移のある腎臓がん患者の発熱症例」
     熊本再春荘病院薬剤部 山下克也
    「当院で経験したフルニエ壊疽の1例」
     熊本セントラル病院薬剤科 平田康二郎
    「治療域内血中濃度のアミカシンによって神経筋遮断作用の発現が疑われた症例」
     熊本医療センター薬剤部 山形真一
  • 16:00~16:10 [休憩]
  • 16:10~17:30 [症例検討会]
    「繰り返す誤嚥性肺炎の1例」
     武蔵ケ丘病院薬剤科 鈴木田恵一
    「尿路感染症に対する de-escalation の成功例」
     公立玉名中央病院薬局 坂本一貴
  • 17:30~18:00 [確認試験]

参加費

200円

問い合わせ先

熊本大学医学部附属病院薬剤部 尾田一貴
TEL:096-373-7457
E-mail:kazutakaoda1980@gmail.com

主催

熊本県病院薬剤師会

このページの先頭へ

平成28年度 抗菌化学療法・感染制御専門領域薬剤師研究会

会期 基礎コース第3回 2016年8月6日(土曜日)
基礎コース第4回 2016年9月24日(土曜日)
アドバンスセミナー第1回 2016年7月23日(土曜日)
アドバンスセミナー第2回 2016年10月8日(土曜日)
アドバンスセミナー第3回 2017年1月14日(土曜日)
時間 基礎コース 13:45~18:00
アドバンスコース 13:40~17:45
会場 新宿駅周辺の会議室
アドバンスコース第1回
 新宿フロントタワー12階 MSD株式会社 新宿事務所会議室
 新宿区北新宿2-21-1 TEL:080-5479-1643(窓口:庄野様)

教育内容(予定)

回数・会期 開催テーマ
基礎コース第3回
2016年8月6日(土曜日)
感染症の初期治療における抗菌薬の選択
基礎コース第4回
2016年9月24日(土曜日)
抗菌薬のPK-PDと投与設計
アドバンスセミナー第1回
2016年7月23日(土曜日)
深在性真菌症
アドバンスセミナー第2回
2016年10月8日(土曜日)
手術部位感染症(Surgical Site Infection:SSI)
(予定)
アドバンスセミナー第3回
2017年1月14日(土曜日)
小児感染症(予定)

お問い合わせ

この講習会に関するお問い合わせは、東京都病院薬剤師会(TEL:03-3499-3388)までご連絡をお願いいたします。
天候不良・災害により研究会が中止となる場合には、東京都病院薬剤師会ホームページにてお知らせいたしますので必ずご確認ください。

このページの先頭へ

第5回福島県感染・疫学研究会

会期 2016年11月26日(土曜日)15:45~18:00
会場 総合南東北病院 北棟1階 NABEホール
福島県郡山市八山田7-115
TEL:024-934-5322(代)

プログラム

  • 15:45~16:00
    「先発メーカーにおけるジェネリック品のこだわり」
     Meiji Seika ファルマ(株)医薬仙台支店SSG 中野陽一郎
  • 16:00~16:30 [一般演題]
     座長:竹田綜合病院薬剤科 大堀 徹
    「当院で経験したバチルス属の伝播事例報告」
     竹田綜合病院検査科 秋元 誠
    「当院における院内感染対策と症例報告」
     竹田綜合病院附属太田西ノ内病院薬剤部 続橋 明
  • 16:30~17:00 [トピックス]
    「薬剤耐性(AMR)の出現抑制について考える」
     東北医科薬科大学薬学部臨床感染症学 藤村 茂
  • 17:00~18:00 [特別講演]
     座長:福島県立医科大学感染制御学講座 金光敬二
    「One Health 時代の耐性菌治療・感染対策」
     東邦大学医学部微生物・感染症学講座 舘田一博
  • 18:00~18:10 [確認試験]

※軽食をご用意しております。

参加費

1,000円

共催

福島県感染・疫学研究会、福島県臨床検査技師会、福島県病院薬剤師会、郡山市薬剤師会
Meiji Seika ファルマ株式会社

お問い合わせ

Meiji Seika ファルマ株式会社 医薬仙台支店郡山営業所 遠藤 実
TEL:024-932-5025

このページの先頭へ

京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)第12回研究会

会期 2016年11月13日(日曜日)13:45~17:20
会場 京都府薬剤師会館 2階ホール
京都府京都市東山区東大路五条上る梅林町563
TEL:075-551-0376

プログラム

  • 13:45~14:00 [情報提供]
    「新しいビグアナイド系消毒剤について」株式会社大塚製薬工場
  • 14:00~14:30 [ミニレクチャー]
    「感染症の基本型」
     洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨
  • 14:30~17:00 [症例検討]
    「倦怠感、発熱のため紹介入院となった82歳男性」
     座長:綾部市立病院薬剤部 杉田直哉
     演者:京都桂病院薬剤部 堀内 望
     コメンテータ:京都大学医学部附属病院感染制御部 髙倉俊二
            洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨
  • 17:10~17:20 [確認試験]

参加費

ICPEM参加費500円および日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー 基礎コース

会期 2016年11月12日(土曜日)14:00~17:30
会場 広島大学病院 たんぽぽ保育園2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

司会:マツダ病院薬剤部 原田靖子
   中国労災病院薬剤部 久保有子

  • 14:00~15:30 [症例検討]
    「カテーテル関連血流感染症」
     広島大学病院感染症科 大毛宏喜
  • 15:40~17:10 [特別講演]
    「血液培養を極める」
     九州大学病院検査部 清祐麻紀子
  • 17:10~17:30 [確認試験と解説]

参加費

広島県病院薬剤師会会員500円、非会員1,000円

共催

広島県病院薬剤師会 専門薬剤師委員会・感染グループ、Meiji Seika ファルマ株式会社

お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000

このページの先頭へ

第9回神奈川病院薬剤師感染症フォーラム

会期 2016年11月5日(土曜日)14:30~18:00
会場 ソリッドスクエアビル 地下1階 ホール
川崎市幸区堀川町580
TEL:044-549-6010(代)

プログラム

  • 14:30~14:45 [情報提供]
    「Meiji Seikaファルマの後発薬品のご紹介」Meiji Seikaファルマ株式会社
  • 14:45~15:50 [開会の挨拶]
  • 14:50~15:50 [教育講演]
    「大和市立病院におけるICT活動」(20分)
     大和市立病院 薬剤科 山田英紀
    「AMR対策アクションプランと抗菌化学療法」(40分)
     北里大学病院 薬剤部 小林昌宏 
  • 16:00~17:30 [症例検討ワークショップ]
    「知って得する腹腔内感染症」
     北里大学病院感染管理室 高山陽子
  • 17:30~18:00 [確認試験・解答]
  • 18:00 [閉会の挨拶]

参加費

500円

共催

神奈川病院薬剤師感染症フォーラム、Meiji Seikaファルマ株式会社

事務局・お問い合わせ

川崎市立多摩病院薬剤部 濱野公俊
TEL:044-933-8111

このページの先頭へ

第2回東北抗菌化学療法研究会

会期 2016年11月4日(金曜日)18:40~21:15
会場 TKPガーデンシティ仙台21階 ホールB
宮城県仙台市青葉区中央1-3-1
TEL:022-200-2611

プログラム

  • 18:40~18:55[商品説明]
    「抗MRSA薬 キュビシン」 MSD株式会社
  • [Opening Remarks]
     東北大学病院薬剤部 久道周彦
  • 19:00~19:40[症例検討&画像読影レクチャー]
     座長:東北薬科大学薬学部臨床感染症学教室 藤村 茂
     症例アドバイザー:仙台赤十字病院呼吸器科 三木 誠
    症例1「PK-PD理論に着眼したHCUにおける敗血症症例」
     東北労災病院薬剤部 伊藤亮太
    症例2「亜全胃温存膵頭十二指腸切除術後に肝梗塞を併発した症例に対するDAPの使用経験」
     東北公済病院薬剤部 千葉博暁
  • 19:40~20:00[画像読影レクチャー]
    「薬剤師のための胸部画像所見の見方、考え方~実際の症例を中心に~」
     坂総合病院内科 高橋 洋 
  • 20:00~20:50[特別講演]
    「薬剤耐性の時代に入った真菌症!?~antifungal stewardshipの推進と薬剤師の役割~」
     座長:東北薬科大学薬学部臨床感染症学教室 藤村 茂
     演者:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科臨床感染症学 泉川公一
  • 20:50~21:00[特別発言&Closing Remarks]
     東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 渡辺 彰
  • 20:00~21:15[確認試験]

※軽食をご用意しております。

参加費

1,000円

共催

東北抗菌化学療法研究会、MSD株式会社

事務局

東北抗菌化学療法研究会
東北薬科大学薬学部 臨床感染症学教室内
〒981-8558宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1 TEL:022-727-0169

このページの先頭へ

第1回薬剤師のための大阪Shin感染症治療研究会

会期 2016年10月22日(土曜日)17:00~20:30
会場 AP大阪駅梅田1丁目
大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル地下1F・2F
TEL:06-6343-5109

プログラム

  • 17:00~17:15[商品説明]
    MSD株式会社
  • 17:15~18:15[特別講演]
    「antifungal stewardshipの実現に向けて~各抗真菌薬の位置づけを考える~」
     大阪市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学 掛屋 弘
  • 18:15~18:30[BREAK]
  • 18:30~20:20[症例検討]
     コメンテーター:
     大阪市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学 掛屋 弘
     大阪市立大学大学院医学研究科臨床感染制御学 山田康一
    「クリプトコックス髄膜炎」
     大阪鉄道病院薬剤部 小牟田豊
    「発熱性好中球減少症の治療」
     大阪市立大学医学部附属病院薬剤部 櫻井紀宏
  • 20:20~20:30[確認試験]

参加費

1,000円

共催

薬剤師のための大阪Shin感染症治療研究会、ファイザー株式会社

事務局

大阪市立大学医学部附属病院薬剤部 中村安孝
〒545-8586大阪市阿倍野区旭町1-5-7 TEL:06-6645-2269

このページの先頭へ

第25回 東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2016年10月16日(日曜日)14:00~17:30
会場 TKP名古屋駅前カンファレンスセンター
名古屋市中村区名駅2-41-5
TEL:052-569-5020

謹啓

時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第25回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。
お手数ではございますが、会場の都合上、事前にSGD参加の方(聴講のみはFAX不要)は下記FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白
総合司会 JA愛知厚生連安城更生病院薬剤部 奥平 正美

本会の趣旨

当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳先生より「Bacillus属」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
    大日本住友製薬株式会社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    Bacillus属」
    愛知医科大学病院感染症科/感染制御部 山岸 由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
    JA愛知厚生連安城更生病院薬剤部 奥平 正美
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
    司会進行 中部労災病院薬剤部 中根 茂喜
    チューター 愛知医科大学病院感染制御部 森 健
    「肺炎治療中に発症したCVカテーテル感染及び真菌性眼内炎の1例」
    聖霊病院薬剤部 伊東 健司
    総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨 廣繁

※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

連絡先

JA愛知厚生連安城更生病院薬剤部 奥平 正美
TEL:0566-75-2111(代)

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー アドバンスコース

会期 2016年10月1日(土曜日)14:00~15:50
会場 広島大学病院 たんぽぽ保育園2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

司会:呉医療センター中国がんセンター薬剤部 竹山知志
   JA広島厚生連広島総合病院薬剤部 角井 碧
コメンテーター:広島大学病院感染症科 大毛宏喜

  • 14:00~14:45 [症例検討1]
    「全身状態不良で救急搬送された腰椎術後の患者」
     中国労災病院薬剤部 久保有子
  • 14:45~14:55 [休憩]
  • 14:55~15:40 [症例検討2]
    「抗菌薬不応の肺膿瘍患者」
     マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 安原昌宏
  • 15:40~15:50 [確認試験]

参加費

500円

共催

広島県病院薬剤師会 専門薬剤師委員会・感染症グループ

お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000

このページの先頭へ

第19回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2016年8月27日(土曜日)16:00~19:00
会場 スペースアルファ三宮 富士ゼロックス総合教育研究所
神戸市中央区三宮1-9-1 三宮センタープラザ東館6階
TEL:078-326-2540

プログラム

  • 16:00~17:30 [基礎講演]
    「尿路感染症」
     座長 新須磨病院 岡本勇二
     講師 宝塚第一病院 髙谷智広
  • 17:30~19:00 [症例検討]
    「好中球減少者の感染症」
     司会 新須磨病院 岡本勇二
     症例提示 宝塚第一病院 髙谷智広
  • 19:00 [確認試験]

※当日は軽食をご用意いたします。

参加費

200円

申込み・問合せ

下記の申込先宛にメールにてご連絡をお願いします。
定員:50名
申込先:北六甲抗菌化学療法実践セミナー宛 E-mail:kitarokkou@gmail.com

共催

兵庫県病院薬剤師会、北六甲抗菌化学療法実践セミナー、大日本住友製薬株式会社

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー 基礎コース

会期 2016年8月6日(土曜日)14:00~17:30
会場 広島大学病院 たんぽぽ保育園2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

司会:公立世羅中央病院 薬剤部 栗原晋太郎
   広島市民病院 薬剤部 菅原隆文
アドバイザー:広島大学病院感染症科 大毛宏喜

  • 14:00~15:30 [症例検討]
    「真菌感染症」
     広島大学病院感染症科 大毛宏喜
  • 15:40~17:10 [特別講演]
    「グローバル時代における感染症とその対策
     ~AMR対策の成果指標は達成できるのか?~」
     長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野 泉川公一
  • 17:10~17:30 [確認試験]

参加費

500円

共催

広島県病院薬剤師会 薬剤業務・専門薬剤師委員会、アステラス製薬株式会社

お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000

このページの先頭へ

第6回北海道薬剤師臨床感染症研究会

会期 2016年8月6日(土曜日)14:00~18:35
会場 ACU 大研修室1606
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16階
TEL:011-272-3838

プログラム

  • 14:00~14:15 [情報提供]
    「深在性真菌症治療剤アムビゾーム」 大日本住友製薬株式会社
  • 14:15~ [会長挨拶] 北海道薬科大学 佐藤秀紀
  • 14:20~16:35 [症例ディスカッション]
    「三次救急に搬送された一症例」 市立札幌病院薬剤部 大下直宏
  • 16:35~18:20 [特別講演]
    「臨床医の目で見る抗菌薬、抗真菌薬の有害事象」
    JCHO東京高輪病院感染症・総合内科 中久保 祥
  • 18:20~18:35 [確認試験]

対象

感染症治療領域に関心がある薬剤師

募集人員

約80名

参加費

500円

共催

北海道薬剤師臨床感染症研究会、札幌病院薬剤師会、北海道病院薬剤師会、大日本住友製薬株式会社

事務局・お問い合わせ

中村記念南病院薬剤部 山田 和範
TEL:011-573-8555(代)

このページの先頭へ

京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)第11回研究会

会期 2016年7月9日(土曜日)15:00~18:00
会場 京都府薬剤師会館 2階ホール
京都府京都市東山区東大路五条上る梅林町 563
TEL:075-551-0376

プログラム

  • 15:00~17:50
    [症例検討]
    「不明熱にて入院となった40歳代女性」
    演者:蘇生会総合病院薬剤部 宮川貴誌
    コメンテータ:京都大学医学部附属病院感染制御部 髙倉俊二
           洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨
  • 17:50~18:10
    [確認試験]

参加費

ICPEM参加費500円および日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会

このページの先頭へ

第6回長崎CID研究会
(Nagasaki Clinical Infection Disease conference)~感染症診療の基本を学ぶ~

会期 2016年7月2日(土曜日)15:00~18:00
会場 長崎大学医学部 第四講義室
長崎市坂本1-7-1
TEL:095-819-7200

プログラム

  • シンポジウム
    Keypad lecture「注目すべき感染症の原因菌Q&A」
     長崎大学大学院医歯学総合研究科病態分析・診断学分野 栁原克紀
    Symposium I「腸閉塞で入院後、背部痛、呼吸困難をきたした1例」
     長崎大学病院感染症内科(熱研内科) 宮原麗子
    Symposium II「肺炎の治療後発熱が持続した1例」
     長崎みなとメディカルセンター市民病院呼吸器内科 澤井豊光
  • 17:00~18:00
    特別講演
    「救急集中治療において問題となっている耐性菌とその治療(TDMも含め)」
    座長:長崎大学病院呼吸器内科 迎  寛
    演者:兵庫医科大学感染制御学 竹末芳生

※当日は軽食のご用意がございます。

参加費

500円(学生・研修医無料/別途単位取得希望者は500円徴収)

共催

長崎CID研究会、長崎県病院薬剤師会、専門薬剤師会、大正富山医薬品(株)

このページの先頭へ

第8回神奈川病院薬剤師感染症フォーラム

会期 2016年6月25日(土曜日)14:30~18:00
会場 ソリッドスクエアビル 地下1階 ホール
川崎市幸区堀川町580
TEL:044-549-6010(代)

プログラム

  • 14:30~14:45 [情報提供]
    「Meiji Seikaファルマの後発薬品のご紹介」Meiji Seikaファルマ株式会社
  • 14:45~15:50 [開会の挨拶]
  • 14:50~15:50 [教育講演]
    「感染症の勉強会を立ち上げてみよう~多施設共同生涯学習のすすめ」(30分)
     横浜市立脳卒中・神経脊椎センター薬剤部 五十嵐 俊
    「臨床で使える抗真菌薬の基礎知識」(30分)
     聖マリアンナ医科大学病院薬剤部 前田幹広
  • 16:00~17:30 [症例検討ワークショップ]
    「ここがポイント!カンジダ血症」
     聖マリアンナ医科大学病院救急救命センター 柳井真知
  • 17:30~18:00 [確認試験・解答]
  • 18:00 [閉会の挨拶]

参加費

500円

グループディスカッションについて ※聴講のみの場合には申込不要
募集人数:48名(1グループ6名×8グループ予定)事前登録制
     1施設申込上限6名まで
申込条件①感染症治療・抗菌薬のTDM業務に携わる薬剤師
    ②病棟にて抗菌化学療法に携わる薬剤師
申込締切:6月10日(申込終了)
申込先問合せ:Meiji Seika ファルマ(株)横田様
       FAX:044-548-9397 E-mail:akio.yokota@meiji.com

共催

神奈川病院薬剤師感染症フォーラム、Meiji Seikaファルマ株式会社

事務局・お問い合わせ

川崎市立多摩病院薬剤部 濱野 公俊
TEL:044-933-8111

このページの先頭へ

第24回東海地区感染制御研究会抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2016年5月8日(日曜日)14:00~17:30
会場 アクトシティ浜松 コングレスセンター41会議室
静岡県浜松市中区板屋町111-1
TEL:053-451-1123

謹啓
時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第24回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。
お手数ではございますが、会場の都合上、事前にSGD参加の方(聴講のみはFAX不要)は下記FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白
総合司会 コミュニティーホスピタル甲賀病院診療協力部薬剤科 渡邉 学

本会の趣旨

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸由佳先生より「Corynebacterium属」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式会社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    Corynebacterium属」
     愛知医科大学病院感染症科/感染制御部 山岸由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
    コミュニティーホスピタル甲賀病院診療協力部薬剤科 渡邉 学
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
    司会進行 静岡県立静岡がんセンター薬剤部 望月敬浩
    チューター 愛知医科大学病院感染制御部 森 健
    「肺移植後の免疫抑制剤使用下において肺真菌感染症の治療薬選択に難渋した1例」
     聖隷浜松病院薬剤部 山本圭祐
    総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨廣繁

※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

連絡先

コミュニティーホスピタル甲賀病院診療協力部薬剤科 渡邉 学
電話:054-628-5500(代)

このページの先頭へ

平成28年度関門地区感染症研究会 抗菌薬適正使用生涯教育セミナー in SHIMONOSEKI

会期 第48回 2016年4月18日(月曜日)
第49回 2016年5月11日(水曜日)
     ※4/19(火曜日)より日にちが変更となっております。
第50回 2016年5月12日(木曜日)
     ※4/20(水曜日)より日にちが変更となっております。
第51回 2016年4月25日(月曜日)
第52回 2016年4月26日(火曜日)
第53回 2016年4月28日(木曜日)
時間 18:50~21:05
会場 下関医療センター 健康管理センター4階大ホール

教育内容(予定)

回数・会期 コアレクチャー 症例検討
第48回
2016年4月18日(月曜日)
臓器障害/不全と抗菌化学療法について 多発性のう胞腎の高齢者に生じたAmpCβラクタマーゼ産生Enterobacter aerogenesの敗血症による1例
第49回
2016年5月11日(水曜日)
肝障害/不全と腎障害/不全と抗菌化学療法について 結石が嵌頓した腎盂腎炎の1例、等
第50回
2016年5月12日(木曜日)
呼吸障害/不全・循環器障害/不全と抗菌化学療法について 感染性内膜炎の1例、等
第51回
2016年4月25日(月曜日)
免疫障害/不全と抗菌化学療法について 発熱性好中球減少症に併発した敗血症の1例、等
第52回
2016年4月26日(火曜日)
高齢者と抗菌化学療法について 疥癬の1例、等
第53回
2016年4月28日(木曜日)
小児と抗菌化学療法について モラキセラ・カタラリスによる敗血症の1例、等

参加費

1回につき500円(学生は無料)

対象

抗菌化学療法の基礎から学びたい人

事務局

産業医科大学病院感染制御部内 関門地域感染症研究会
〒807-8555 北九州市八幡西区医生ケ丘1-1
電話:093-603-1611

このページの先頭へ

平成27年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 1回目 2015年4月5日(日曜日)(終了)
2回目 2015年7月12日(日曜日)(終了)
3回目 2015年10月4日(日曜日)(終了)
4回目 2016年1月17日(日曜日)(終了)
5回目 2016年3月
※第5回につきましては当認定学術集会の単位対象外です。
会場 三宮

教育内容

回数・会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
1回目
2015年4月5日(日曜日)
市中肺炎 抗真菌薬 骨関節感染症
2回目
2015年7月12日(日曜日)
院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
3回目
2015年10月4日(日曜日)
尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
4回目
2016年1月17日(日曜日)
腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
腎機能低下時における抗菌療法(透析、CHDF) 術後発熱

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

その他

教育プログラム修了書を講習会に3回以上の参加者に発行します。
なお、ビデオ撮影は行いませんので、欠席される場合、希望される方にはレジメを配布させていただきます。

世話人

竹末芳生(兵庫医科大学感染制御学 主任教授)
朝野和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部 教授)
荒川創一(神戸大学医学部附属病院 感染制御部 特命教授)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部 教授)

実務委員
チューター

事務局

〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 兵庫医科大学病院 薬剤部
E-mail:yktabu@hyo-med.ac.jp
担当:高橋佳子

このページの先頭へ

第18回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2016年3月12日(土曜日)16:00~19:00
会場 スペースアルファ三宮 富士ゼロックス総合教育研究所
神戸市中央区三宮1-9-1 三宮センタープラザ東館6階
TEL:078-326-2540

プログラム

  • 16:00~17:30 [基礎講演]
    Clostridium difficile関連腸炎の感染対策」
     座長 済生会兵庫県病院 竹村敏也
     講師 新須磨病院 西海一生
  • 17:30~19:00 [症例検討]
    Clostridium difficile関連腸炎」
     司会 済生会兵庫県病院 竹村敏也
     症例提示 新須磨病院 西海一生
  • 19:00 [確認試験]

※当日は軽食をご用意いたします。

参加費

200円

申込み・問合せ

下記の申込先宛にメールにてご連絡をお願いします。
定員:50名
申込先:北六甲抗菌化学療法実践セミナー宛 E-mail:kitarokkou@gmail.com

共催

兵庫県病院薬剤師会、北六甲抗菌化学療法実践セミナー、Meiji Seika ファルマ株式会社

このページの先頭へ

第10回京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング研究会(ICPEM)

会期 2016年3月12日(土曜日)14:00~17:00
会場 メルパルク京都 7階「スタジオ1」
京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
TEL:075-352-7444

プログラム

  • 14:00~14:15 [情報提供]
    「新しいビグアナイド系消毒剤について」株式会社大塚製薬工場
  • 14:15~17:00
    [症例検討]small group discussion &オーディエンス方式
    「内視鏡的咽喉頭手術後に発熱が遷延した60代男性」
     座長:ICPEM理事・京都大学医学部附属病院薬剤部 吉田優子
     演者:京都大学医学部附属病院薬剤部 清水倫子
     コメンテータ:京都大学医学部附属病院感染制御部 髙倉俊二
            洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨

    [特別講演]
    「みんなで取り組む感染対策と医療安全」
     座長:ICPEM理事長・蘇生会総合病院薬剤部 甲斐絢子
     演者:京都大学大学院医学研究科臨床病態検査学 一山 智

    [確認試験]

参加費

ICPEM参加費500円および日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

申込方法

定員:120名。定員になり次第締め切り
申込締切:3月4日(金曜日)
申込方法:下記の申込用紙にご記入頂きFAXにて申込下さい。
申込先:京都府薬剤師会 FAX:075-525-1650

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会、株式会社大塚製薬工場

このページの先頭へ

平成27年度大阪抗菌薬倶楽部(大阪ABC)研究会

会期 1回目 2015年5月9日(土曜日)(終了)
2回目 2015年9月12日(土曜日)(終了)
3回目 2015年1月16日(土曜日)(終了)
4回目 2016年3月5日(土曜日)(終了)
会場 堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)

会の趣旨

若手薬剤師の感染症及び抗菌化学療法基礎知識向上を図ることが第一目標です。また、医療機関内において感染症治療に貢献できる薬剤師を育成し、抗菌化学療法認定薬剤師・感染制御認定薬剤師・感染制御専門薬剤師の取得を支援し、その研鑚の場を提供します。(感染症に興味があり、これから勉強したい方や相談できない若手薬剤師のために開催される勉強会として設立します。)

会の内容

会当日は抗菌薬に関するレクチャーと症例検討会(毎回6人×12グループによるスモールグループディスカッション(SGD)…質問しやすい環境です)
アドバイザリーとして大阪大学医学部附属病院感染制御部 関 雅文先生を招聘します。

教育内容(予定)

回数・会期 解説 症例検討
1回目
2015年5月9日(土曜日)
感染症治療の考え方 市中肺炎
2回目
2015年9月12日(土曜日)
抗MRSA薬のTDM MRSA感染症
3回目
2015年1月16日(土曜日)
抗菌薬参考書の活用方法 細菌性髄膜炎
4回目
2016年3月5日(土曜日)
抗菌薬適正使用 重症感染症

参加費

1回につき500円

定員

研究会会員数は70名程度を予定しております。

会員条件

  • 病院薬剤師歴 概ね10年未満の方で1病院あたり1~3名とします。
  • 年4回土曜日18:00~(2時間30分程度)開催を予定しており、できる限り4回継続して参加できる方(スケジュール確保できる方)
  • 研究会会員の募集は、年1回のみとします。

事務局

市立堺病院薬剤科 石坂敏彦
E-mail:Ishizaka-yaku@sakai-hospital.jp

このページの先頭へ

第23回 東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2016年2月28日(日曜日)14:00~17:30
会場 四日市都ホテル 3階 鈴鹿の間
三重県四日市市安島1-3-38
TEL:059-352-4131

謹啓
時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第23回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。
お手数ではございますが、会場の都合上、事前にSGD参加の方(聴講のみはFAX不要)は下記FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白
総合司会 JA三重厚生連鈴鹿中央総合病院 薬剤部 森 章哉

本会の趣旨

当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳先生より「サイトメガロウイルス」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    「サイトメガロウイルス」
     愛知医科大学病院感染症科/感染制御部 山岸 由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
     JA三重厚生連鈴鹿中央総合病院薬剤部 森 章哉
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
     司会進行 鈴鹿回生病院薬剤管理課 木村 匡男
     チューター 愛知医科大学病院感染制御部 森 健
    「尿路感染を契機に多剤耐性菌による様々な感染症を繰り返し、治療に難渋したくも膜下出血の一症例」
     鈴鹿回生病院薬剤管理課 佐々木 暢琢
     総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨 廣繁

※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

グループディスカッション申込方法 ※聴講のみの場合には申込不要

グループディスカッション参加希望の方は、下記のPDFに施設名・氏名をご記入いただきFAXにてお申込み下さい。
申込締切:2月19日(金曜日)
申込先:大日本住友製薬津営業所宛 FAX:059-225-1390

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

連絡先

鈴鹿中央総合病院薬剤部 森 章哉
TEL:059-382-1311(代)

このページの先頭へ

平成27年度関門地区感染症研究会 抗菌薬適正使用生涯教育セミナー

会期 第36回 2015年4月22日(水曜日)(終了)
第37回 2015年6月10日(水曜日)(終了)
第38回 2015年8月26日(水曜日)(終了)
第39回 2015年10月28日(水曜日)(終了)
第40回 2015年12月16日(水曜日)(終了)
第41回 2016年2月24日(水曜日)(終了)
時間 18:50~21:05
会場 産業医科大学 2号館2201教室

教育内容(予定)

回数・会期 コアレクチャー 症例検討
第36回
2015年4月22日(水曜日)
臓器障害/不全と抗菌化学療法について 複数の臓器障害/不全が起きている場合の症例、等
第37回
2015年6月10日(水曜日)
肝障害/不全と腎障害/不全と抗菌化学療法について 腎不全患者の場合の症例等
第38回
2015年8月26日(水曜日)
呼吸障害/不全と循環器障害/不全と抗菌化学療法について 呼吸不全患者の症例等
第39回
2015年10月28日(水曜日)
免疫障害/不全と抗菌化学療法について 免疫不全患者の症例等
第40回
2015年12月16日(水曜日)
高齢者と抗菌化学療法について 高齢者における症例
第41回
2016年2月24日(水曜日)
小児と抗菌化学療法について 小児における細菌感染症の症例等

参加費

1回につき500円(学生は無料)

対象

抗菌化学療法の基礎から学びたい人

事務局

産業医科大学病院感染制御部内 関門地域感染症研究会
〒807-8555 北九州市八幡西区医生ケ丘1-1
TEL:093-603-1611

このページの先頭へ

第2回滋賀県病院薬剤師会感染制御委員会研究会(advance)

会期 2016年2月18日(木曜日)18:20~20:40
会場 草津市立市民交流プラザ 大会議室(フェリエ南草津5階)
滋賀県草津市野路1-15-5
TEL:077-567-2355

プログラム

  • 18:20~18:30 [製品紹介]
    「ゾシン静注用の最近の話題について」
     大正富山医薬品株式会社
  • 18:30~19:00 [特別講演]
    「基礎から学ぶ肺炎」
     滋賀医科大学呼吸器内科 長尾大志
  • 19:00~20:30 [症例検討会]
  • 20:30~20:40 [確認試験]

参加費

滋賀県病院薬剤師会会員500円、非会員1,000円

申し込み方法

下記の申込先へメールにてお申込み下さい。
 締切日:2016年1月27日(水曜日)
 申し込み担当:滋賀県立成人病センター薬剤部 胡井俊祐
 E-mail:nb0106@pref.shiga.lg.jp

申し込みの記載内容:
件名に「2/18感染制御委員会研究会」と記載頂き本文に下記の内容をご記入ください。
 1.参加者氏名とフリガナ
 2.施設名(滋賀県以外の場合は都道府県名もご記入ください。)
 3.薬剤師経験年数 ○○年目
 4.返信先メールアドレス(添付ファイルが開けるもの)

共催

滋賀県病院薬剤師会、大正富山医薬品株式会社

このページの先頭へ

東播抗菌化学療法セミナー(第13~16回)

会期 第13回 2015年5月19日(火曜日)(終了)
第14回 2015年8月18日(火曜日)(終了)
第15回 2015年11月17日(火曜日)(終了)
第16回 2016年2月18日(木曜日)(終了)
時間 18:45~20:45
会場 明石市生涯学習センター 学習室1(アスピア明石 北館7階)

教育内容(予定)

回数・会期 基礎セミナー 症例検討
第13回
2015年5月19日(火曜日)
よく似た抗菌薬の違いを理解し使い分ける 39℃台の発熱と腰部・股関節の痛み
第14回
2015年8月18日(火曜日)
放射線画像について フォーカス不明の重症感染症
第15回
2015年11月17日(火曜日)
情報収集のポイント 肺炎
第16回
2016年2月18日(木曜日)
特別講演:非定型肺炎 抗菌薬の効かない肺炎

申込受付期間

申し込み受付は、各セミナー開始の1か月前からとし、締め切りはセミナーの10日までとなります。
・第16回 1月18日(月曜日)~2月8日(月曜日)

参加費

1回につき500円

定員

80名(予定人数を超えた場合、締切前に受付を終了する場合があります。)

参加登録

アステラス製薬MRまたは下記E-Mailへご連絡下さい。
事前に症例検討の概略を送付します。
h-hasegawa@kakohp.jp(加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司)

共催

東播抗菌化学療法セミナー、兵庫県病院薬剤師会、アステラス製薬(株)

事務局

加古川東市民病院薬剤室 長谷川 浩司
h-hasegawa@kakohp.jp

このページの先頭へ

平成27年度 抗菌化学療法・感染制御専門領域薬剤師研究会

会期 基礎コース第3回 2015年8月29日(土曜日)
基礎コース第4回 2015年9月12日(土曜日)
アドバンスセミナー第1回 2015年7月18日(土曜日)
アドバンスセミナー第2回 2015年10月31日(土曜日)
アドバンスセミナー第3回 2016年2月6日(土曜日)
時間 13:45~18:00
会場 AP西新宿(予定)
新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル6F・5F・4F
Tel:03-5348-6109

教育内容(予定)

回数・会期 開催テーマ
基礎コース第3回
2015年8月29日(土曜日)
感染症の初期治療における抗菌薬の選択
基礎コース第4回
2015年9月12日(土曜日)
抗菌薬のPK-PDと投与設計
アドバンスセミナー第1回
2015年7月18日(土曜日)
救命領域における敗血症・血流感染症
アドバンスセミナー第2回
2015年10月31日(土曜日)
呼吸器感染症(市中から院内感染肺炎まで)
アドバンスセミナー第3回
2016年2月6日(土曜日)
抗酸菌症

お問い合わせ

この講習会に関するお問い合わせは、東京都病院薬剤師会(電話03-3499-3388)までご連絡をお願いいたします。
天候不良・災害により研究会が中止となる場合には、東京都病院薬剤師会ホームページにてお知らせいたしますので必ずご確認ください。

このページの先頭へ

第5回長崎CID研究会
(Nagasaki Clinical Infection Disease conference)~感染症診療の基本を学ぶ~

会期 2016年1月23日(土曜日)15:00~18:00
会場 長崎大学医学部 第二講義室
長崎市坂本1-12-4
TEL:095-819-7200

プログラム

  • 15:00~17:00
    Keypad lecture「注目すべき感染症の原因菌Q&A」
     長崎大学大学院医歯学総合研究科病態分析・診断学分野 栁原克紀
    Symposium I「急性腹症の1例」
     長崎大学大学院医歯学総合研究科病態分析・診断学分野 栁原克紀
    Symposium II「発熱と皮疹を呈した症例」
     日本赤十字社長崎原爆病院内科 朝野寛視
  • 17:00~18:00 
    特別講演「外科系感染症に対する抗菌薬治療法」
     座長:長崎大学 河野 茂
     演者:東邦大学医療センター大橋病院外科 草地信也

※当日は軽食のご用意がございます。

参加費

500円(学生・研修医無料/別途単位取得希望者は500円徴収)

共催

長崎CID研究会、長崎県病院薬剤師会、専門薬剤師会、大正富山医薬品(株)

このページの先頭へ

第9回石川県感染制御セミナー

会期 2015年12月5日(土曜日)13:30~15:35
会場 石川県立中央病院 健康教育館2階大研修室
石川県金沢市鞍月東2-1
TEL:076-237-8211

プログラム

  • 13:30~14:30 [症例検討会]
    「腰痛を訴えた70才代の女性」
     演者:石川県済生会金沢病院 後藤義之
     ディスカッサー:感染制御委員会委員
     アドバイザー:国立がん研究センター中央病院感染制御室 馬場尚志
  • 14:30~15:30 [講演]
    「深在性真菌感染症の治療について(仮)」
     国立がん研究センター中央病院感染制御室 馬場尚志
  • 15:30~15:35 [確認試験]

参加費

500円

申込方法

参加希望の方は、下記のPDFに施設名・氏名をご記入いただきFAXにてお申込み下さい。
申込締切:11月20日(金曜日)
申込先:金沢医科大学病院薬剤部 多賀允俊 宛 FAX:076-286-5096

主催

石川県病院薬剤師会

お問い合わせ

石川勤労者医療協会城北病院薬剤部 池田浩幸
〒920-0848 金沢市京町20-3
TEL:076-251-6111(代)

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー 基礎コース

会期 2015年11月28日(土曜日)14:00~17:30
会場 広島大学病院たんぽぽ保育園(旧:管理棟)2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

司会:JA広島総合病院薬剤部 角井 碧
   マツダ病院薬剤部 原田靖子
アドバイザー:広島大学病院感染症科 大毛宏喜

  • 14:00~15:30 [症例検討・グループディスカッション]
    「バンコマイシン投与設計において考えるべきポイント」
     広島大学病院薬剤部 峠越崇範
  • 15:40~17:10 [特別講演]
    「抗菌薬のTDMに関する最新情報」
     北里大学病院薬剤部 小林昌宏
  • 17:10~17:30 [確認試験]

参加費

500円

症例検討会のパートではグループディスカッションも予定しております。グループディスカッションに参加希望の方は、11月13日までにご連絡下さい。
連絡先:五日市記念病院 荒川隆之
E-mail:yakuzai@seifu.net

共催

広島県病院薬剤師会 薬剤業務・専門薬剤師委員会、アステラス製薬株式会社

お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000(内線552424)
E-mail:harada.yasu@mazda.co.jp

このページの先頭へ

第4回福島県感染・疫学研究会

会期 2015年11月28日(土曜日)16:30~18:30
会場 郡山ビューホテル
福島県郡山市中町3-1
TEL:024-924-1111(代)

プログラム

「東北地区で分離された緑膿菌と黄色ブドウ球菌の疫学調査成績について」
 Meiji Seika ファルマ(株)医薬仙台支店SSG 中野陽一郎

  • [代表世話人挨拶]
    福島県立医科大学感染制御学講座 金光敬二
  • 16:30~17:30 [一般演題]
    座長:福島県立医科大学小児科学講座 川崎幸彦
    「バンコマイシンとメトロニタゾールの医療経済的評価」
     福島労災病院薬剤部 杉山昌宏
    「新生児、乳児早期におけるヒトパレコウイルス感染症6例の検討」
     福島厚生連白川厚生総合病院小児科 木下英俊
    「播種性MAC症の一例」
     太田西ノ内病院内科 池田 浩
  • 17:30~18:30 [特別講演]
    座長:福島県立医科大学感染制御学講座 金光敬二
    「感染制御の最新知見 ~Antimicrobial stewardshipを含めて~」
     長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野 栁原克紀
  • 18:30~18:40 [確認試験]

※講演会終了後、情報交換会を予定しております。

参加費

1,000円

共催

福島県感染・疫学研究会、福島県病院薬剤師会、郡山市薬剤師会、Meiji Seika ファルマ株式会社

お問い合わせ

Meiji Seika ファルマ株式会社 医薬仙台支店郡山営業所 木村雅哉
TEL:024-932-5025

このページの先頭へ

第7回神奈川病院薬剤師感染症フォーラム

会期 2015年11月14日(土曜日)14:30~18:00
会場 ソリッドスクエアビル 地下1階 ホール
川崎市幸区堀川町580
TEL:044-549-6010(代)

プログラム

  • 14:30~14:45 [情報提供]
    「Meiji Seika ファルマの後発薬品の紹介」 Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 14:45~15:50 [開会の挨拶]
  • 14:50~15:50 [教育講演]
    「臨床薬剤師による重症患者に対する感染症マネジメント」(40分)
     聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院薬剤部 中薗健一
    「(予定)施設での活動内容のご紹介」(20分)
     済生会横浜市南部病院薬剤部 深澤貴史
  • 16:00~17:30 [症例検討ワークショップ]
    「誤診だらけの感染症診断と治療」
     川崎市立多摩病院総合診療内科 國島広之
  • 17:30~18:00 [確認試験・解答]
  • 18:00 [閉会の挨拶]

※講演会終了後、情報交換会の場をご用意しております。

参加費

500円

グループディスカッションについて ※聴講のみの場合には申込不要
募集人数:48名(1グループ6名×8グループ予定)事前登録制
申込条件(1)感染症治療・抗菌薬のTDM業務に携わる薬剤師
    (2)病棟にて抗菌化学療法に携わる薬剤師
申込締切:10月30日(申込終了)
申込先問合せ:Meiji Seika ファルマ(株)渡邊
FAX:044-548-9397 E-mail:tomoki.wtanabe@meiji.com

共催

神奈川病院薬剤師感染症フォーラム、Meiji Seikaファルマ株式会社

事務局・お問い合わせ

川崎市立多摩病院薬剤部 濱野公俊
TEL:044-933-8111

このページの先頭へ

第1回東北抗菌化学療法研究会

会期 2015年11月13日(金曜日)18:40~21:00
会場 ホテルメトロポリタン仙台
仙台市青葉区中央1丁目1-1
TEL:022-268-2525

プログラム

  • 18:40~18:55 [商品説明]
    「カンサイダス」 MSD株式会社
  • [Opening Remarks]
    東北大学病院薬剤部 久道周彦
  • 19:00~20:00 [症例検討&感染症指導医レクチャー]
    症例1「Candida albicansカテーテル関連血流感染に関わった1例」
    東北大学病院薬剤部 鈴木博也

    症例2「MRSAとMDRPによる難治性褥瘡および慢性骨髄炎の1例」
    東北薬科大学病院薬剤部 早川幸子

    症例3「MRSAを起炎菌としたカテーテル関連血流感染を繰り返す透析患者の1例」
    JCHO仙台病院薬剤部 茂野健司

    画像読影レクチャー
    「抗菌化学療法・感染制御専門薬剤師のための胸部レントゲン読影のポイント(仮)」
    仙台赤十字病院呼吸器内科 三木 誠
  • 20:00~20:50 [特別講演]
    「抗MRSA薬の薬剤耐性を考える(仮)」
    座長:東北薬科大学薬学部臨床感染症学教室 藤村 茂
    演者:愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨廣繁
  • 20:50~21:00 [確認試験]
  • [Closing Remarks]
    東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 渡辺 彰

※講演会終了後、情報交換の場を設けております。

参加費

1,000円

共催

東北抗菌化学療法研究会、MSD株式会社

事務局

東北抗菌化学療法研究会
東北薬科大学薬学部 臨床感染症学教室内
〒981-8558 宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1 TEL:022-727-0169

このページの先頭へ

第22回 東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2015年10月25日(日曜日)14:00~17:30
会場 TKP名古屋駅前カンファレンスセンター ホール8A
名古屋市中村区名駅2-41-5
TEL:052-569-5020

プログラム

  • 開会のことば
    独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山 歳也
  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
    大日本住友製薬株式社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    「微生物から学ぶ感染症診療 ~レンサ球菌属~」
    愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 山岸 由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
    岐阜大学医学部附属病院 薬剤部 丹羽 隆
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
    司会進行 高山赤十字病院 薬剤部 上田 秀親
    チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 森 健
    「両下肢に多発したM. abscessus感染による難治性潰瘍の一症例」
    大垣市民病院 薬剤部 大橋 健吾
    総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 三鴨 廣繁

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:6名(先着順)

※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日病薬病院薬学認定薬剤師制度IV-2領域日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

お問い合わせ

愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部
〒480-1195 長久手市岩作雁又1番地1
TEL:0561-62-3311 内線 22353、77668 FAX:0561-61-1842
E-mail:icpamu@aichi-med-u.ac.jp

このページの先頭へ

第9回京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング研究会(ICPEM)

会期 2015年10月3日(土曜日)17:45~21:00
会場 メルパルク京都 5階「会議室A」
京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
TEL:075-352-7444

プログラム

  • 17:45~18:00
    [情報提供]ニプロ株式会社
  • 18:00~21:00
    [基調講演]
    『尿路感染症』
    座長:ICPEM理事長・蘇生会総合病院薬剤部 甲斐絢子
    演者:大阪大学医学部感染制御部 朝野和典

    [症例検討]small group discussion &オーディエンス形式
    『総胆管結石排石後発熱を繰り返す85歳女性』
    座長:ICPEM理事・京都大学医学部附属病院薬剤部 吉田優子
    演者:蘇生会総合病院薬剤部 河上裕美
    コメンテータ:京都大学医学部附属病院感染制御部 髙倉俊二
           洛和会音羽病院感染症科 神谷 亨

    [確認試験]

参加費

ICPEM参加費500円および日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

申込方法

定員:120名。定員になり次第締め切り
申込締切:9月25日(金曜日)
申込方法:下記の申込用紙にご記入頂きFAXにて申込下さい。
申込先:京都府薬剤師会 FAX:075-525-1650

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会、ニプロ株式会社

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー アドバンスコース

会期 2015年9月12日(土曜日)14:00~15:40
会場 広島大学病院たんぽぽ保育園(旧:管理棟)2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

  • 14:00~14:45 [症例検討1]
    「発熱・意識障害にて救急搬送され血液培養が陽性となった77歳女性」
    呉医療センター中国がんセンター薬剤科 竹山知志
  • 14:45~15:30 [症例検討2]
    「僧房弁置換術後に発症した感染性心内膜炎の一例」
    広島市立広島市民病院薬剤部 菅原隆文
  • 15:30~15:40 [確認試験]

参加費

500円

共催

広島県病院薬剤師会 薬剤業務・専門薬剤師委員会

お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000(内線552424)
E-mail:harada.yasu@mazda.co.jp

このページの先頭へ

第7回薬剤師のための感染制御セミナー

会期 2015年9月6日(日曜日)13:45~16:20
会場 石川県地場産業振興センター 新館5階 第12研修室
石川県金沢市鞍月2-1
TEL:076-268-2010

プログラム

  • 13:45~14:00 [情報提供] Meiji Seika ファルマ(株)
  • 14:00~14:05 [開会の辞]
    JCHO金沢病院薬剤科 西上 潤
  • 14:05~14:20 [本セミナー開催にあたって]
    金沢大学附属病院薬剤部 中出順也
  • 14:20~15:20 [特別講演1]
    「院内感染対策を症例から学ぶ~病院薬剤師の出来ること・すべきこと~」
    三重中央医療センター呼吸器内科 井端英憲
  • 15:20~16:20 [特別講演2]
    「結核・抗酸菌症 UP TO DATE」
    公立穴水綜合病院内科 石崎武志
  • 16:20~16:35 [確認試験]

参加費

500円

共催

薬剤師のための感染制御セミナー事務局、石川県病院薬剤師会、Meiji Seika ファルマ(株)

後援

日本結核病学会 北陸支部

お問い合わせ

金沢大学附属病院薬剤部 中出順也
TEL:076-265-2000(代)

このページの先頭へ

第17回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2015年8月22日(土曜日)16:00~19:00
会場 スペースアルファ三宮 富士ゼロックス総合教育研究所
神戸市中央区三宮1-9-1 三宮センタープラザ東館6階
TEL:078-326-2540

プログラム

  • 16:00~17:00 [特別講演]
    「薬学的臨床推論」 東京薬科大学 川口 崇
  • 17:05~18:45 [症例検討]
    「肝膿瘍の一例」 宝塚第一病院 髙谷智広
  • 18:45~19:00 [確認試験]

※当日は軽食をご用意いたします。

参加費

200円

申込み・問合せ

下記の申込先宛にメールにてご連絡をお願いします。
定員:80名
申込締切:2015年8月10日
申込先:北六甲抗菌化学療法実践セミナー宛 e-mail:kitarokkou@gmail.com

共催

兵庫県病院薬剤師会、北六甲抗菌化学療法実践セミナー、大正富山医薬品株式会社

このページの先頭へ

第8回京都感染制御薬剤師エキスパートミーティング研究会

会期 2015年8月9日(日曜日)14:00~17:00
会場 京都府薬剤師会館 2階ホール
京都市東山区東大路五条上る梅林町563
TEL:075-551-0376

プログラム

感染症診療・感染制御に係る症例検討(SGD形式)

  • 14:00~15:10 [症例1]
    京都鞍馬口医療センター 井上敬之
  • 15:20~16:40 [症例2]
    京丹後市立久美浜病院 和田 昭

    アドバイザー:京都大学医学部附属病院 高倉俊二
           洛和会音羽病院 神谷 亨
  • 16:40~ [確認試験]

参加費

参加費500円、日病薬感染制御専門認定単位受講料500円
京都府薬剤師会非会員:別途2,000円

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)、京都府薬剤師会

このページの先頭へ

第5回北海道薬剤師臨床感染症研究会

会期 2015年7月25日(土曜日)14:00~18:35
会場 ACU 大研修室1606
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16階
TEL:011-272-3838

プログラム

  • 14:00~14:15 [情報提供]
    「抗MRSA薬の使い分けについて」
     Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 14:15~  [会長挨拶] 北海道薬科大学 佐藤秀紀
  • 14:20~16:20 [症例ディスカッション]
    「感染性心内膜炎の一例」
     札幌中央病院薬剤部 齊藤雅明
  • 16:20~18:20 [特別講演]
    「薬剤師に知ってもらいたい感染性心内膜炎のすべて」
     勤医協中央病院総合診療センター 川口篤也
  • 18:20~18:35 [確認試験]

対象

感染症治療領域に関心がある薬剤師

募集人員

約100名

申し込み方法

北海道薬剤師臨床感染症研究会のホーム―ページをご確認の上、オンライン登録もしくはファックスにて申し込み。詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.hokkaido-clip.org/#!seminar/c15ys
受付期間:6月22日(月曜日)~7月10日(金曜日)ただし、定員になり次第締め切り。

参加費

500円

共催

北海道薬剤師臨床感染症研究会、札幌病院薬剤師会、北海道病院薬剤師会、Meiji Seika ファルマ株式会社

お問い合わせ

中村記念南病院薬剤部  山田 和範
TEL:011-573-8555(代)
FAX:011-573-8570

このページの先頭へ

第4回長崎CID研究会
(Nagasaki Clinical Infection Disease conference)~感染症診療の基本を学ぶ~

会期 2015年7月25日(土曜日)15:00~18:00
会場 長崎県医師会館 3階「大会議室」
長崎市茂里町3-27
TEL:095-844-1111

プログラム

  • 15:00~17:00
    Keypad lecture「注目す劇感染症の原因菌Q&A」
     長崎大学大学院医歯学総合研究科病態分析・診断学分野 栁原克紀
    Symposium I「悪性症候群が疑われ紹介となった1例」
     長崎大学病院救命救急センター 山野修平
    Symposium II「化学療法中に発熱と意識障害をきたした1例」
     独立行政法人国立病院機構長崎医療センター 山本和子
    企業講演「ゾシン静注用 最新トピックス」
  • 17:00~18:00
    「敗血症性ショックの病態と治療 2015」
    座長:長崎大学 河野 茂
    名古屋大学大学院医学系研究科医学部医学科救急・集中治療医学 松田直之
  • 確認試験

※当日は軽食のご用意がございます。

参加費

500円(学生無料/別途単位取得希望者は500円徴収)

共催

長崎CID研究会、長崎県病院薬剤師会、専門薬剤師会、大正富山医薬品(株)

このページの先頭へ

第6回神奈川病院薬剤師感染症フォーラム

会期 2015年6月27日(土曜日)14:30~18:00
会場 ソリッドスクエアビル 地下1階 ホール
川崎市幸区堀川町580
TEL:044-549-6010(代表)

プログラム

  • 14:30~14:45 [情報提供]
    「Meiji Seika ファルマの後発薬品のご紹介」
     Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 14:45~15:50 [開会の挨拶]
  • 14:50~15:50 [教育講演]
    「特殊病態における抗菌薬TDM」
     東京女子医科大学病院薬剤部 桑名史織
    「多摩病院におけるAST活動状況」
     川崎市立多摩病院薬剤部 濱野公俊
  • 16:00~17:30 [症例検討ワークショップ]
    「グラム陽性球菌による血流感染症(仮)」
     東京女子医科大学病院感染症科 平井由児
  • 17:30~18:00 [確認試験・解答]
  • 18:00 [閉会の挨拶]

参加費

500円

共催

神奈川病院薬剤師感染症フォーラム、Meiji Seikaファルマ株式会社

事務局・お問い合わせ

川崎市立多摩病院薬剤部 濱野 公俊
TEL:044-933-8111

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー 基礎コース

会期 2015年6月27日(土曜日)14:00~17:30
会場 広島大学病院たんぽぽ保育園(旧:管理棟)2階 カンファレンスルーム2
広島県広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

プログラム

  • 14:00~15:30 [症例検討・グループディスカッション]
    「グラム陰性菌感染症」
     広島大学病院感染症科 大毛宏喜
  • 15:30~15:40 [休憩]
  • 15:40~17:10 [特別講演]
    「グラム陰性菌感染症の臨床」
     京都大学医学部附属病院呼吸器内科 伊藤功朗
  • 17:10~17:30 [確認試験と解説]

参加費

500円

症例検討のパートではグループディスカッションも予定しており、今回は1グループ8人を2グループ作る予定です。グループでのディスカッションに参加希望の方は6月20日までにご連絡下さい。
担当:五日市記念病院 荒川隆之 E-mail:yakuzai@seifu.net

共催

広島県病院薬剤師会 薬剤業務・専門薬剤師委員会、大正富山医薬品株式会社

事務局・お問い合わせ

マツダ株式会社マツダ病院薬剤部 原田靖子
TEL:082-565-5000(内線55242)
E-mail:harada.yasu@mazda.co.jp

このページの先頭へ

第1回 富山抗菌化学療法セミナー

会期 2015年6月13日(土曜日)14:00~17:00
会場 ボルファートとやま 4階 珊瑚の間
富山県富山市奥田新町8-1
TEL:076-431-1113

謹啓
会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、第1回富山抗菌化学療法セミナーを下記の通り開催いたします。
ご多用中の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

謹白

プログラム

  • 14:00~14:15 [情報提供]
    「あすか製薬ジェネリック 今後の展望」
     あすか製薬株式会社
  • 14:15~15:00 [一般講演]
    「これから始める、こうして活かす抗菌薬使用量サーベイランス」
     三重大学医学部附属病院薬剤部 村木優一
  • 15:00~16:00 [症例検討]
    「感染症診療の臨床現場 ~医師の視点、薬剤師の視点~」
     富山大学感染予防医学講座感染症科 鳴河宗聡
  • 16:00~16:30 [確認試験]

※富山県病院薬剤師会・日本病院薬剤師会感染制御 認定研修会です。
※日本薬剤師研修センター認定研修受講シール申請中です。
※参加費:500円

共催

富山県病院薬剤師会、富山抗菌化学セミナー、あすか製薬株式会社

事務局・お問い合わせ

富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)医療薬学研究室 辻 泰弘
TEL:076-415-8815
E-mail:ytsuji@pha.u-toyama.ac.jp

このページの先頭へ

第21回 東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2015年5月17日(日曜日)14:00~17:30
会場 キャッスルプラザ 3階 孔雀の間
名古屋市中村区名駅4-3-25
TEL:052-582-2121

プログラム

  • 開会のことば
     独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山 歳也
  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    「微生物から学ぶ感染症診療 ~Acinetobacter属~」
     愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 山岸 由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
     中部ろうさい病院 薬剤部 中根 茂喜
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
    司会進行 安城更生病院 薬剤部 奥平 正美
    チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 森   健
    「ステントグラフト内挿術前後の抗菌薬治療に難渋した感染性大動脈瘤の1例」
     名古屋市立大学病院 薬剤部 朝岡みなみ
     総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 三鴨 廣繁

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:6名

※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

このページの先頭へ

平成26年度関門地区感染症研究会
抗菌薬適正使用生涯教育セミナー in KOKURA

会期 第30回 2015年3月17日(火曜日)
第31回 2015年3月19日(木曜日)
第32回 2015年3月23日(月曜日)
第33回 2015年3月25日(水曜日)
第34回 2015年3月30日(月曜日)
第35回 2015年3月31日(火曜日)
時間 18:50~21:15
会場 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ5階 大セミナー室

教育内容(予定)

回数・会期 コアレクチャー 症例検討
第30回
2015年3月17日(火曜日)
病院感染における敗血症・血流感染症治療を最適化する 教訓的な敗血症の一例
~敗血症診療のアルゴリズムを最適化する~
第31回
2015年3月19日(木曜日)
病院感染における呼吸器感染症治療を最適化する 難治性肺炎の一例
~肺炎診療のアルゴリズムを最適化する~
第32回
2015年3月23日(月曜日)
病院感染における尿路感染症治療を最適化する 膀胱癌治療中に発症した難治性腎盂腎炎の一例
第33回
2015年3月25日(水曜日)
病院感染における腹腔内感染症治療を最適化する 腸管穿孔の一例
~腹腔内膿瘍診断のアルゴリズムを最適化する~
第34回
2015年3月30日(月曜日)
病院感染における中枢神経感染症を最適化する 髄膜脳炎の一例
~髄膜炎治療のアルゴリズムを最適化する~
第35回
2015年3月31日(火曜日)
病院感染における皮膚軟部組織感染症を最適化する 難治性皮膚潰瘍の一例
~難治性皮膚軟部組織感染症治療のアルゴリズムを考える~

参加費

1回につき500円(学生は無料)

対象

抗菌化学療法の基礎から学びたい人

事務局

産業医科大学病院感染制御部内 関門地域感染症研究会
〒807-8555 北九州市八幡西区医生ケ丘1-1
TEL:093-603-1611

このページの先頭へ

平成26年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 1回目 2014年4月6日(日曜日)
2回目 2014年7月6日(日曜日)
3回目 2014年10月19日(日曜日)
4回目 2015年1月18日(日曜日)
5回目 2015年3月8日(日曜日)
会場 三宮

教育内容

回数・会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
1回目
2014年4月6日(日曜日)
市中肺炎 抗真菌薬 発熱性好中球減少症 または骨関節感染症
2回目
2014年7月6日(日曜日)
院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
3回目
2014年10月19日(日曜日)
尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
4回目
2015年1月18日(日曜日)
腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
特殊病態下における抗菌療法(透析、セプシス) 重症皮膚・軟部組織感染症
5回目
2015年3月8日(日曜日)
画像検査の読み方、グラム染色活用法、症例グループ討論(数例)

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

世話人

竹末芳生(兵庫医科大学感染制御学 主任教授)
朝野和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部 教授)
荒川創一(神戸大学大学院医学研究科総合臨床教育・育成学分野 特命教授)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部 教授)

チューター

石坂敏彦(市立堺病院)
小泉祐一(府中病院)
長谷川豊(神戸薬科大学)
安井友佳子(市立堺病院)
山下和彦(神戸大学医学部附属病院)
吉岡睦展(宝塚市立病院)

事務局

〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 兵庫医科大学病院 薬剤部
E-mail:bouchan0307@gmail.com
担当:高橋佳子

お問い合わせ

この講習会に関するお問い合わせは、上記の事務局 高橋までお願いいたします。なお、電話によるお問い合わせは、お受けしておりません。ご了承ください。

このページの先頭へ

平成26年度 大阪抗菌薬倶楽部 第4回研究会
(Osaka Anti-Bacterial Agents Club:大阪ABC)

会期 2015年3月7日(土曜日)18:00~20:30
場所 堂島リバーフォーラム 2階会議室(202号、203号)
大阪市福島区福島1-1-17
TEL:06-6341-0115

会費

500円

事務局

市立堺病院薬剤課 石坂俊彦(ishizaka-yaku@sakai-hospital.jp

共催

大阪抗菌薬倶楽部、MSD株式会社

プログラム

  • 17:50~18:00 【製品情報提供】MSD株式会社
    総合司会:関西電力病院薬剤部 眞継賢一
  • 17:30~ 【受付開始】ネームプレートと資料の手交
  • 18:00~18:05 【進行・開会のあいさつ】
  • 18:05~19:00 【教育講演】
    「こうして始める感染症患者さんへの関わり方と研究への繋げ方」
     三重大学医学部附属病院薬剤部 村木優一
  • 19:00~19:10 【休憩】
  • 19:10~20:20 【症例検討】
    「重症感染症へのアプローチ~1年間のまとめ~」
     大阪大学医学部附属病院感染制御部副部長 関 雅文
  • 20:20~20:30 【試験と解説】
このページの先頭へ

第12回東播抗菌化学療法セミナー

会期 2015年2月17日(火曜日)18:45~20:45
場所 明石市生涯学習センター 学習室1(アスピア明石 北館7階)
〒673-0886 明石市東仲ノ町6-1

参加費

500円

申込締切

2月3日
(予定人数を超えた場合、締切前に受付を終了する場合があります。)

参加登録

アステラス製薬MRまたは下記E-Mailへご連絡下さい。
事前に症例検討の概略を送付します。
h-hasegawa@kakohp.jp (加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司)

共催

東播抗菌化学療法セミナー、兵庫県病院薬剤師会、アステラス製薬(株)

内容

  • 18:45~19:00
    製品紹介「クアトロバックの最新情報」
  • 19:00~19:40
    特別講演「感染症診療の原則~医師が薬剤師に期待すること~」
     座長:加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司
     講師:神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野 大路 剛
  • 19:40~20:15
    症例検討「真菌感染症」
     司会:加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司
     症例提示:甲南加古川病院薬剤部 岩本 里味
  • 20:15~20:30
    感染症ミニレクチャー「真菌感染症」
     講師:甲南加古川病院薬剤部 岩本 里味
  • 20:30~20:45 確認試験・解説
このページの先頭へ

第16回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2015年2月14日(土曜日)13:00~16:00
場所 北神中央ビル7階 702会議室
神戸市北区藤原台中町1-2-1
TEL:078-981-5088

参加費

200円

申し込み方法・お問い合わせ

メールにてお願いします。
JCHO神戸中央病院 甲斐崇文 宛
kai-takafumi@kobe.jcho.go.jp

共催

北六甲抗菌化学療法実践セミナー、大日本住友製薬(株)

内容

  • 13:00~14:00
    基礎講義「免疫低下時の感染症」
     司会:済生会兵庫県病院 竹村敏也
     講師:JCHO神戸中央病院 甲斐崇文
  • 14:00~14:15 休憩
  • 14:15~15:40
    症例検討「抗TFNα製剤投与中に発症した稀な感染症」
     司会:JCHO神戸中央病院 甲斐崇文
     症例提示:済生会兵庫県病院 竹村敏也
  • 15:40~16:00 確認試験
このページの先頭へ

第20回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2015年2月8日(日曜日)14:00~17:30
場所 アクトシティ浜松 コングレスセンター43-44会議室
静岡県浜松市中区板屋町111-1
TEL:053-541-1123

謹啓
 時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第20回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白
総合司会  コミュニティーホスピタル甲賀病院 薬剤科 渡邉  学

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳先生より「微生物から学ぶ感染症診療 ~カルバペネム耐性腸内細菌属~」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 開会のことば
     独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山 歳也
  • 14:00~14:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式社
  • 14:20~15:00 [基調講演]
    「微生物から学ぶ感染症診療 ~カルバペネム耐性腸内細菌属~」
     愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 山岸 由佳
  • 15:10~15:15 [SGD説明]
     コミュニティーホスピタル甲賀病院 薬剤科 渡邉  学
  • 15:15~17:00 [SGD] 1症例1グループ
     司会進行 聖隷浜松病院 薬剤部 本田 勝亮
     チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 森   健
    「副作用により無顆粒球症を発症し抗菌薬等を投与した一例」
     国際医療福祉大学熱海病院 薬剤部 感染対策室 鈴木 高弘
    総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 三鴨 廣繁
    SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:6名(先着順:参加申し込みは終了しております)

共催

愛知県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社

後援

三重県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会

※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

このページの先頭へ

関門地域感染症研究会 抗菌薬適正使用セミナー

会期 第19回 2014年2月12日(終了)
第20回 2014年4月16日(終了)
第21回 2014年6月25日(終了)
第22回 2014年8月26日(終了)
第23回 2014年10月9日(終了)
第24回 2014年12月10日(終了)
第25回 2015年2月5日(終了)
会場 産業医科大学2号館2201教室

対象

抗菌化学療法の基礎から学びたい人

回数・日時・テーマ

  • 第19回 2014年2月12日 病院感染における抗真菌薬治療を最適化する
  • 第20回 2014年4月16日 病院感染における敗血症・血流感染症診療を最適化する
  • 第21回 2014年6月25日 病院感染における呼吸器感染症治療を最適化する
    症例検討「難治性肺炎の一例~肺炎診療のアルゴリズムを最適化する~」
  • 第22回 2014年8月26日 病院感染における尿路感染症治療を最適化する
  • 第23回 2014年10月9日 病院感染における腹腔内感染症治療を最適化する
  • 第24回 2014年12月10日 病院感染における中枢神経感染症治療を最適化する
  • 第25回 2015年2月5日 病院感染における皮膚・軟部組織感染症治療を最適化する

各会開催概要

18:50~19:00 開催挨拶
19:00~19:20 コアレクチャー
19:20~20:40 症例検討
20:40~21:00 確認テスト
21:00~21:05 閉会挨拶・解散

受講費として500円(学生無料)を、当日受付にて徴収します。

主催

関門地域感染症研究会

このページの先頭へ

第3回 長崎CID研究会
(Nagasaki Clinical Infection Disease conference)
~感染症診療の基本を学ぶ~

会期 2014年12月20日(土曜日)14:45~18:00
場所 長崎大学病院「第三講義室」
長崎県長崎市坂本1丁目7-1
TEL:095-819-7200

会費

500円(学生・研修医無料/別途単位取得希望者は500円徴収致します)

共催

長崎CID研究会、長崎県病院薬剤師会、専門薬剤師会、大正富山医薬品(株)

プログラム

  • 【製品紹介】「ゾシンの最新の話題について」 大正富山医薬品(株)
  • 15:00~16:45 【シンポジウム】
    総合司会:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病態解析・診断学分野 教授 栁原 克紀
    Keypad lecture 「注目すべき感染症の原因菌Q&A」
    SYMPOSIUM I 「胸腹部外傷で入院中に明らかとなった感染症の1例」
    演者:長崎大学病院 救命救急センター 助教 猪熊 孝実
    SYMPOSIUM II 「皮膚潰瘍の1例」
    演者:佐世保市立総合病院 呼吸器内科 医長 福田 雄一
  • 17:00~18:00 【特別講演】
    座長:長崎大学 理事・副学長 河野  茂
    「敗血症の治療戦略~2014年 UP TO DATE ~」
    演者:京都医療センター 救命救急センター長・救命救急 部長 感染制御部 副部長 志馬 伸朗

当研修会は
1)軽食をご用意させて頂いております。
2)大学病院駐車場の割引券をご用意させて頂いております。(100円に割引)

*尚、本研究会へのご参加により、ICD制度協議会の研修単位「本協議会が推薦するその他の講演会、教育企画(2点)」、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医制度2単位、抗菌薬臨床試験指導医・指導者制度2単位、抗菌化学療法認定薬剤師認定2単位、日本薬剤師研修センター認定2単位日本病院薬剤師会の認定講習会(1.25単位)取得頂ける予定です。

※抗菌化学療法認定薬剤師認定・日本病院薬剤師会の認定講習会単位取得予定の先生方には確認試験がございます。

このページの先頭へ

第7回 石川県感染制御セミナー

会期 2014年12月6日(土曜日)14:00~16:15
場所 石川県立中央病院 健康教育館2階大研修室

会費

500円(当日、受付にて徴収いたします。)

主催

石川県病院薬剤師会

プログラム

  • 14:00~15:40【症例検討会】
    カテーテル関連血流感染でバンコマイシンを使用した症例
     金沢医科大学病院薬剤部 多賀允俊
    ディスカッサー:感染制御委員会 委員
    アドバイザー:金沢医科大学臨床感染症学講座 馬場尚志
  • 15:40~16:10【講演】
    カテーテル関連血流感染の病態・診断・治療および本症例の総括
     金沢医科大学臨床感染症学講座 馬場尚志
  • 16:10~16:15 確認テスト

申し込み方法お問い合わせ

金沢医科大学病院薬剤部 多賀允俊
FAX:076-286-5096

このページの先頭へ

平成26年度 大阪抗菌薬倶楽部 第3回研究会
(Osaka Anti-Bacterial Agents Club:大阪ABC)

会期 2014年11月29日(土曜日)18:00~20:30
場所 堂島リバーフォーラム2階会議室(202号、203号)
大阪市福島区福島1-1-17
TEL:06-6341-0115

会費

500円

事務局

市立堺病院薬剤課 石坂俊彦(ishizaka-yaku@sakai-hospital.jp

共催

大阪抗菌薬倶楽部、大正富山医薬品(株)

プログラム

  • 17:30~ 【受付開始】
  • 18:00~18:10 【製品情報提供】大正富山医薬品(株)
  • 18:10~18:15 【開会挨拶】
  • 18:15~18:45 【講義】
    「抗菌薬参考書の活用方法~サンフォードやガイドラインを中心に~」
     関西電力病院薬剤部 眞継賢一
  • 18:45~18:50 休憩
  • 18:50~20:10 【症例検討】「症例解説:細菌性髄膜炎」
     大阪府立急性期総合医療センター 伊藤千恵
  • 20:10~20:20 【アドバイザリーコメント】
     大阪大学医学部附属病院感染制御部副部長 関 雅文
  • 20:20~20:30 【試験と解説】
このページの先頭へ

第3回福島県感染・疫学研究会

会期 2014年11月22日(土曜日)15:45~18:00
場所 総合南東北病院 北棟1F NABEホール
郡山市八山田7丁目115
TEL:024-934-5322(代)

参加費

1,000円

連絡先

Meiji Seikaファルマ(株)医薬仙台支店郡山営業所 江尻昌弘
TEL:024-932-5025

共催

福島県感染・疫学研究会、一般社団法人福島県臨床検査技師会、福島県病院薬剤師会、郡山市薬剤師会、Meiji Seikaファルマ(株)

プログラム

  • 15:45~16:00 【緊急企画】
    「福島県におけるエボラウイルス感染症対策~今、共有すべきこと~」
     福島県立医科大学感染制御学講座 山本夏男
  • 16:00~17:00 【一般演題】
    座長:JA福島厚生連坂下厚生総合病院内科 江川雅巳
    ・「当院薬剤師の抗菌治療のかかわりと今後の業務展開」
     竹田綜合病院薬剤科 大堀 徹
    ・「透析クリニックにおける百日咳のアウトブレイク事例」
     福島県立医科大学感染制御学講座 中村 究
    ・「当院小児科におけるヒトメタニューモウイルス感染症について」
     大原綜合病院小児科 氏家哲也
  • 17:00~18:00 【特別講演】
    座長:福島県立医科大学感染制御学講座 金光敬二
    「これからの感染制御を考える」
     愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学 三鴨廣繁
  • 18:00~18:10 【確認試験】

※軽食をご用意しております。

このページの先頭へ

広島感染制御薬剤師セミナー 基礎コース

会期 2014年11月22日(土曜日)14:00~17:30
場所 広島大学病院たんぽぽ保育園(旧管理棟)2階カンファレンスルーム2
広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5555

参加費

500円

連絡先

五日市記念病院 荒川隆之(arakawacc22@yahoo.co.jp

共催

広島県病院薬剤師会 薬剤業務・専門薬剤師委員会、MSD(株)

プログラム

  • 14:00~15:30 【症例検討1】
     広島大学病院感染症科 大毛宏喜
  • 15:30~15:40 休憩
  • 15:40~17:10 【特別講演】
    「グラム陽性菌感染症診療の実際~診断から治療まで~」
     富山大学感染予防医学講座/感染症科 山本善裕
  • 17:10~17:30 【試験テストと解説】
このページの先頭へ

関門地域感染症研究会抗菌薬適正使用セミナー in TOBATA(第27回)

会期 2014年11月18日(火曜日)19:00~21:30
場所 戸畑共立病院 講堂
北九州市戸畑区沢見2-5-1

対象

抗菌化学療法の基礎から学びたい人

参加費

500円(当日受付にて徴収いたします)

内容

  • 19:00~19:10
    開会挨拶
  • 19:10~19:40
    講演「難治性感染症に対する抗菌化学療法」
     産業医科大学病院感染制御部 鈴木克典
  • 19:40~21:10
    症例検討
    「難治性感染症に対する抗菌化学療法について
    ~抗菌化学療法のアルゴリズムを適正化する~」
  • 21:10~21:25
    確認試験
  • 21:25~21:30
    閉会挨拶
このページの先頭へ

第15回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2014年11月14日(金曜日)18:30~21:00
場所 北神中央ビル7階 702会議室
神戸市北区藤原台中町1-2-1
TEL:078-981-5088

 第15回北六甲抗菌化学療法実践セミナーを下記の通りに開催させて頂きたいと思います。ご多用のことと存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

参加費

200円

申し込み方法・お問い合わせ

メールにてお願いします。
神戸中央病院 甲斐崇文 宛
kai-takafumi@kobe.jcho.go.jp

主催

北六甲抗菌化学療法実践セミナー

共催

Meiji Seika ファルマ(株)

内容

  1. 基礎講義「感染症コンサルティングの実際―私はこうしている―」 18:30-19:20
    司会:神戸中央病院 甲斐崇文
    講師:済生会兵庫県病院 竹村敏也
  2. 症例検討「フォーカス不明の重症感染症」 19:20-20:30
    司会:済生会兵庫県病院 竹村敏也
    症例提示:川崎病院 岡本勇二
  3. ミニレクチャー「TSS・TSLS」 20:30-20:40
    司会:済生会兵庫県病院 竹村敏也
    講師:川崎病院 岡本勇二
  4. 確認試験 20:40-21:00

※当会は以下の単位が取得できます。
 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 認定学術集会単位(2単位)
(注)今回は病院薬剤師会の単位は取得できません。

このページの先頭へ

抗菌化学療法・感染制御専門薬剤師養成研究会 基礎コース(第4回)

会期 2014年11月8日(土曜日)13:45~18:00
場所 TKP新宿カンファレンスセンター4階「ホール4A」
東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル4F
TEL:03-5909-7320

謹啓
 錦秋の候、先生方におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さてこの度、抗菌化学療法・感染制御領域に求められる専門的知識をもつ都病薬会員を育成するため、本領域を目指す病院薬剤師を対象として下記の通り「第4回 抗菌化学療法・感染制御専門薬剤師養成研究会(基礎コース)」を開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

謹白

内容

  • 13:30~
    受付開始
  • 13:45~14:00
    話題提供
    Meiji Seikaファルマ株式会社
  • 14:00~14:05
    開会の挨拶
     熊木 委員
  • 14:05~15:20
    特別講演「抗菌薬のPK-PDと投与設計」
     座長:東京女子医科大学病院 薬剤部長 木村 利美
     演者:杏林大学医学部付属病院 薬剤部 西  圭史
  • 15:20~15:30
    確認テスト
     峯村 委員
  • 15:30~15:45
    休憩/グループ編成
     松尾 委員
  • 15:45~17:45
    ワークショップ
     松尾 委員・西 委員
    「抗菌薬のPK-PDと投与設計」
     西  圭史
  • 17:45~18:00
    確認試験の解答・解説
     田中 委員
  • 18:00
    閉会の挨拶
     高山 委員

共催

一般社団法人東京都病院薬剤師会
抗菌化学療法・感染制御専門薬剤師養成特別委員会
Meiji Seikaファルマ株式会社

このページの先頭へ

第11回東播抗菌化学療法セミナー

会期 2014年11月5日(水曜日)18:45~20:45
場所 明石市生涯学習センター 学習室2(アスピア明石 北館8階)
明石市東仲ノ町6-1

謹啓
 清秋の候、先生方におかれましては益々のご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、「第11回東播抗菌化学療法セミナー」を下記の通り開催することとなりました。つきましてはご多忙中とは存じますが、是非ともご出席賜りますようご案内申し上げます。

謹白

参加費

500円

定員

50名

申込締切

10月24日
(予定人数を超えた場合、締切前に受付を終了する場合があります。)

参加登録

アステラス製薬MRまたは事務局E-Mailへご連絡下さい。
事前に症例検討の概略を送付します。
h-hasegawa@kakohp.jp(長谷川)

共催

東播抗菌化学療法セミナー
兵庫県病院薬剤師会
アステラス製薬(株)

内容

  • 18:45~19:00
    製品紹介「キノロン系抗菌薬ジェニナック®錠について」
  • 19:00~19:35
    症例検討「発熱性好中球減少症」
     司会:加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司
     講師:加古川医療センター薬剤部 前原大輔
  • 19:35~19:50
    感染症ミニレクチャー「発熱性好中球減少症」
     講師:加古川医療センター薬剤部 前原大輔
  • 19:50~20:30
    基礎セミナー「医療現場では意外と身近な細菌と真菌」
     座長:加古川東市民病院薬剤部 長谷川浩司
     講師:西神戸医療センター臨床検査技術部 山本 剛
  • 20:30~20:45
    確認試験・解説

※当日は軽食を用意しておりますが、症例検討中の飲食はご遠慮下さい。
※当研修会は以下の単位が取得できます。
 兵庫県病院薬剤師会生涯研修単位(1単位)
 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師・認定薬剤師のための認定講習会受講単位(0.75単位)
 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 認定学術集会単位(2単位)
 薬剤師研修センター 研修受講シール(1単位)

このページの先頭へ

第19回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2014年10月26日(日曜日)15:00~18:30
場所 プラトンホテル四日市 3階 ダイヤモンドホール
三重県四日市西新地7番3号
TEL:059-353-0133

謹啓
 時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第19回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会  鈴鹿回生病院 薬剤管理課 木村 匡男

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳先生より「微生物から学ぶ感染症診療 ~Klebsiella属~」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 開会のことば
     独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山歳也

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:6名(先着順)

  • 15:00~15:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式社
  • 15:20~16:00 [基調講演]
    「微生物から学ぶ感染症診療 ~Klebsiella属~」
     愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳
  • 16:10~16:15 [SGD説明]
     鈴鹿回生病院 薬剤管理課 木村 匡男
  • 16:15~18:00 [SGD] 1症例1グループ
     司会進行 三重大学医学部附属病院 薬剤部 村木 優一
     チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 客員教授 森   健
    「同種末梢血幹細胞移植後にアスペルギルス脳膿瘍を発現した1例」
     鈴鹿中央総合病院 薬剤部 森  章哉
    総合コメンテーター 愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

会場案内

地図

<電車でお越しの場合>
近鉄四日市駅北口より徒歩にて3分
JR四日市駅より徒歩にて15分、お車で5分
(近鉄特急にて名古屋駅より30分、大阪より120分)

<お車でお越しの場合>
東名阪自動車道四日市I.C.よりお車で20分

このページの先頭へ

平成26年度 病院感染制御担当育成講習会(第4回)

会期 2014年10月11日(土曜日)14:30~17:30
場所 北里大学白金キャンパス 薬学部コンベンションホール

主催

北里大学感染制御研究機構

内容

  1. 院内感染関連微生物
     松本哲哉(東京医科大学微生物学講座)
  2. 抗菌薬適正使用
     大曲貴夫(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター)
このページの先頭へ

平成26年度 大阪抗菌薬倶楽部 第2回研究会
(Osaka Anti-Bacterial Agents Club:大阪ABC)

会期 2014年9月6日(土曜日)18:00~20:30
場所 堂島リバーフォーラム2階会議室(202号、203号)
大阪市福島区福島1-1-1
TEL:06-6341-0115

謹啓
 時下、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、下記の通り平成26年度第2回研究会を開催させていただく運びとなりました。
 ご参加いただく先生方にはご多忙中のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

謹白

【製品情報提供】ファイザー株式会社 18:00~18:10

プログラム

総合司会:山本第三病院薬剤部 行本拓史

  • 【受付開始】ネームプレートと資料の手交 17:30~
  • 【進行・開会のあいさつ】 18:10~18:15
  • 【講義】 18:15~18:45
    テーマ:TDM(VCMを中心に)
     大阪医科大学病院薬剤部 山田智之
  • 【休憩】 18:45~18:50
  • 【症例検討】 18:50~20:10
    「症例検討:MRSA感染症」
     市立堺病院薬剤課 安井友佳子
  • 【アドバイザリーコメント】 20:10~20:20
     大阪大学医学部附属病院感染制御部 関 雅文
  • 【試験と解説】 20:20~20:30

会費

500円

共催

大阪抗菌薬倶楽部
ファイザー株式会社

事務局

市立堺病院薬剤課 石坂俊彦(ishizaka-yaku@sakai-hospital.jp

このページの先頭へ

第4回札幌薬剤師感染制御研究会

会期 2014年7月19日(土曜日)
場所 ACU 大研修室1606
〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16F
TEL:011-272-3838

謹啓
 初夏の候、会員の皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、札幌薬剤師感染制御研究会では、昨年に続き今年度も臨床現場で役立つ感染症治療のマネジメントに関連した内容のセミナーを企画いたしました。
 感染症治療は病院の大小を問わず、また、どの診療科でも目にする機会の多い疾患です。しかし、感染症に対して系統だった学習は、今までされてこなかったのが現状で、多くの病院では経験的な治療が実践されております。そこで、感染症を系統だって学習し、薬剤師がベッドサイドやコンサルテーションの際に根拠に基づいた感染症治療についてコミュニケーションを図ることが重要と考えております。
 今年度は「骨・関節感染」をテーマに症例紹介とその解説から、病態をはじめ治療について理解することを目的に、下記の要領でセミナーを開催致しますので、感染症治療領域に関心がある先生は、ご参加くださいますようよろしくお願い致します。

敬白

札幌薬剤師感染制御研究会 会長 佐藤 秀紀

参加資格

感染症治療領域に関心がある薬剤師

参加費

500円

募集人員

100名程度

内容

テーマ:骨・関節感染症

講師:
 北海道整形外科記念病院 渡辺 浩彰
 一般社団法人 Sapporo Medical Academy代表理事 総合診療医・感染症医(感染症コンサルタント) 岸田 直樹

講師の北海道整形外科記念病院 渡辺先生からの症例紹介のもと、参加者9名程度にチューター1名を1グループとするSGD(スモールグループディスカッション)を実施。
内容は、日本化学療法学会抗菌化学認定薬剤師セミナーに準じて、提示症例に対する必要な検査、鑑別疾患、治療についてディスカッションし、発表していただきます。症例ディスカッション終了後、総合診療医・感染症医(感染症コンサルタント)の岸田先生より提示症例に対する解説と骨・関節感染症についての特別講演を予定しております。

開始時間 14:00  終了予定時間 18:35

共催

札幌薬剤師感染制御研究会
札幌病院薬剤師会
北海道病院薬剤師会
MSD株式会社

会場案内

http://www.asty45.jp/access/index.html

本研修会は日本病院薬剤師会生涯研修制度2) 2単位の取得が可能です。
日本病院薬剤師会感染制御認定・専門薬剤師認定講習2単位を取得予定です。
日本薬剤師研修センターの受講シール2単位を配布予定です。
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定学術集会(2単位)です。

事務局

札幌薬剤師感染制御研究会事務局
医療法人医仁会 中村記念南病院 薬剤部
山田 和範
札幌市南区川沿2条2丁目
TEL:011-573-8555(代表)
FAX:011-573-8570

このページの先頭へ

第19回 新潟県薬剤師のための感染制御セミナー

会期 2014年6月28日(土曜日)13時より
場所 新潟東急イン 4F 華の間
〒950-0901 新潟市中央区弁天1丁目2番4号
TEL:025-243-0109

謹啓
 先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さてこの度、専門薬剤師認定制度の中の感染制御専門薬剤師育成を目的に、『第19回新潟県薬剤師のための感染制御セミナー』を下記の要領で開催することとなりました。この講習会は、感染制御専門薬剤師更新の単位および認定薬剤師申請時の単位となります。病院薬剤師にとって感染対策の知識は必須です。お忙しいことと存じますが、病院内の感染制御に関わっている薬剤師の先生方をはじめ、多くの先生方に是非ともご出席賜りたくご案内申し上げます。

謹白

プログラム

  • 13:00~14:00(60分) 一般講演
    「ガイドラインから考える抗菌薬治療 ~経口抗菌薬を中心に~」
      大正富山医薬品株式会社 学術研修センター 森山 敏行
  • 休憩(10分)
  • 14:10~15:40(90分) ワークショップ
    「主な感染症について特徴的な起炎菌と抗菌薬の選択について学ぼう」
  • 休憩(10分)
  • 15:50~17:20(90分) 特別講演
    「薬剤師さんにも知ってほしい静注抗菌薬overview」
      感染症コンサルタント/一般社団法人 Sapporo Medical Academy 代表理事 岸田 直樹
  • 17:20~17:30(10分) 確認テスト

*会費として500円を徴収させていただきます。
*本会は、日本薬剤師研修センターの研修受講シール2単位および日本病院薬剤師会専門薬剤師・認定薬剤師講習会認定2単位を申請中です。
当日は、ご参加いただいた確認のため、ご施設名・ご芳名のご記帳をお願い申し上げます。ご記帳いただきましたものは、医薬品における適正使用情報のために利用させていただきます。

共催

新潟県病院薬剤師会
大正富山医薬品株式会社

このページの先頭へ

感染制御薬剤師エキスパートミーティング 第7回研究会

会期 2014年6月15日(日曜日)15:00~18:00(14時30分受付開始)
場所 ホテル京阪 2階「桜の間」
京都府京都市南区東九条西山王町31
TEL:075-661-0321(代表)
https://www.hotelkeihan.co.jp/kyoto/

謹啓
 さてこの度、感染制御においてエキスパートをめざす薬剤師のための第7回研究会を下記の通り開催いたします。ご多忙中とは存じますが、奮って参加下さいます様、お願い申し上げます。

謹白

会の趣旨

 本会は、薬剤師を中心とした会員相互がさまざまな感染症における感染制御を考え、現在そして将来にわたる感染対策に努め、医療機関内において感染制御を指導・啓発できる薬剤師を育てることを目的とする。ひいては、感染制御認定薬剤師・感染制御専門薬剤師・抗菌化学療法認定薬剤師の育成に貢献する。

プログラム

総合進行:ICPEM理事・綾部市立病院 杉田 直哉

  • 15:00~15:15
    【情報提供】「ウエルセプト」
     丸石製薬株式会
  • 15:15~16:15
    【基調講演】
    座長:ICPEM理事長・蘇生会総合病院薬剤部 甲斐絢子
    『周術期抗菌薬と手術部位感染症』
     演者:兵庫医科大学 感染制御学 竹末芳生
    ※抗菌化学療法薬剤師テキスト「手術部位感染」を事前学習して受講ください。
    SGDを希望されなくても参加して頂く場合もあります。
  • 16:15~16:25 休憩
  • 16:25~17:45
    【症例検討】
    SGD(small group discussin)&オーディエンス方式
    コメンテーター:ICPEMアドバイザー 京都大学感染制御学 高倉 俊二
    座長:ICPEM理事 北野病院薬剤部 上田  覚
    演題
     京都桂病院 薬剤部 堀内  望
     「腹痛を主訴に緊急入院になった80歳男性」
     蘇生会総合病院 薬剤部 宮川 貴誌
     「人工関節置換後感染した70歳女性」(仮)
    (チューター)
     京都府立医科大学附属病院 薬剤部 上田 和正
     京都大学医学部附属病院 薬剤部  吉田 優子
     京都鞍馬口医療センター 薬剤科  井上 敬之
     京丹後市立久美浜病院 薬剤部   和田  昭
     京都市立病院 薬剤科       村田 龍宣
     蘇生会総合病院 薬剤部      余野木克哉
  • 17:45~
    【確認試験】
  • 18:00
    閉会の辞

取得単位:ICPEM認定・日本薬剤師研修センター認定・PINK認定・日本病院薬剤師会感染制御認定講習会・日本化学療法学会認定講座

共催

感染制御薬剤師エキスパートミーティング(ICPEM)
一般社団法人京都府薬剤師会
丸石製薬株式会社

問い合わせ

京都綾部市立病院 薬剤部 杉田直哉 迄
TEL:0773-43-0123

会場案内

地図

<電車でお越しの方>
・新幹線・JR・地下鉄・近鉄「京都」駅 八条東口より徒歩約1分
<お車でお越しの方>
・大阪方面より約60分
・名古屋方面より約110分

このページの先頭へ

第18回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース

会期 2014年5月25日(日曜日)15:00~18:30
場所 じゅうろくプラザ 5階 大会議室
岐阜県岐阜市橋本1丁目10番地11
TEL:058-262-0150

謹啓
 時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第18回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー アドバンスコース』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会  大垣市民病院 薬剤部 松岡 知子

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳 先生より「微生物から学ぶ感染症診療 ~ブドウ球菌~」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

プログラム

  • 開会のことば
     独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター 薬剤科 片山歳也

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:6名(先着順)

  • 15:00~15:15 [製品紹介]
    「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式社
  • 15:20~16:00 [基調講演]
    「微生物から学ぶ感染症診療 ~ブドウ球菌~」
     愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳
  • 16:10~16:15 [SGD説明]
     大垣市民病院 薬剤部 松岡 知子
  • 16:15~18:00 [SGD] 1症例1グループ
     司会進行 名古屋大学医学部附属病院 薬剤部 稲垣 孝行
     チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 客員教授 森   健
    「MRSAによる壊死性筋膜炎を発症した患者にバンコマイシンを使用した1例」
     岐阜市民病院 薬剤部 福田 聖啓
    総合コメンテーター
     愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

会場案内

地図

<交通のご案内>
・JR岐阜駅隣接 徒歩約2分
・名鉄岐阜駅より 徒歩約7分

このページの先頭へ

平成26年度 大阪抗菌薬倶楽部 第1回研究会
(Osaka AntiBacterial agents Club:大阪ABC)

会期 2014年5月10日(土曜日)18:00~20:30
場所 堂島リバーフォーラム 2階会議室(202号、203号)
大阪市福島区福島1-1-17
TEL:06-6341-0115

謹啓
 新緑の候、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、大阪ABCの立ち上げも無事終了し、下記の通り平成26年度第1回研究会を開催させていただく運びとなりました。
 ご参加いただく先生方にはご多忙中のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

謹白

【製品情報提供】Meiji Seika ファルマ株式会社 17:50~18:00

プログラム

総合司会 市立堺病院 薬剤科 石坂敏彦

  • 【受付開始】ネームプレートと資料の手交 17:30~
  • 【進行・開会のあいさつ】 18:00~18:05
  • 【講義】 18:05~18:35
    「テーマ:感染症治療の考え方」
     北野病院 薬剤部 上田 覚
  • 【休憩】 18:35~18:50
  • 【症例検討】 18:50~20:10
    「症例解説:成人市中肺炎」
     山本第三病院 薬剤部 行本拓史
  • 【アドバイザリーコメント】 20:10~20:20
     大阪大学医学部附属感染制御部 副部長 関 雅文
  • 【試験と解説】 20:20~20:30

共催

大阪抗菌薬倶楽部
MeijiSeikaファルマ株式会社

会場案内図

堂島リバーフォーラム
〒553-0003 大阪市福島区福島1-1-17 TEL:06-6341-0115
JR東西線「新福島」、阪神本線「阪神福島」、京阪中之島線「中之島」各駅から徒歩約5分
JR大阪環状線「福島」、市営地下鉄四つ橋線「肥後橋」各駅から徒歩約8分
JR各線「大阪駅」徒歩約15分
*当施設に駐車場はございません。

このページの先頭へ

第14回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

会期 2014年5月15日(木曜日)18:20~21:00
場所 北神中央ビル 7階 702 会議室
神戸市北区藤原台中町1丁目2-1(神鉄:岡場駅)
電話:078-981-5088

謹啓
 新緑の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 第14回北六甲抗菌化学療法実践セミナーを以下の通り開催させて頂きたいと思います。
 ご多用のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加頂きますようお願い申し上げます。

謹白

本会の趣旨

当セミナーは、症例検討をSGDで行うことにより、薬剤師の感染症及び抗菌化学療法の臨床能力を高める目的の研修会である。
薬剤師であれば、どなたでも参加できます。ただし、対象はこれからIDCP認定取得を目指す薬剤師とし初心者向けの内容としています。http://kitarokokokinkagaku.kenkyuukai.jp/about/

プログラム

SGD形式:グループの構成 1グループ6~7名、6~7グループ

  1. 情報提供 18:20~18:30
    『感染症に関する最近の話題』
     大日本住友製薬株式会社
  2. 基礎講義 18:30~19:30
    司会 松枝 静紀(真星病院・薬剤科)
    『微生物と抗菌化学療法』
    講師 竹村 敏也(済生会兵庫県病院・薬剤科)
  3. 症例検討/症例ミニレクチャー 19:30~20:40
    司会 竹村 敏也(済生会兵庫県病院・薬剤科)
    『敗血症を合併した肺炎』症例提示
    講師 髙谷 智広先生(宝塚第一病院・薬剤部)
  4. 確認試験 20:40~21:00

共催予定

北六甲抗菌化学療法実践セミナー
兵庫県病院薬剤師会
大日本住友製薬株式会社

取得できる単位

  • 兵庫県病院薬剤師会 生涯研修単位(1単位)
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 認定学術集会単位(2単位)
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師・認定薬剤師のための認定講習会受講単位(1単位)
  • 日本薬剤師研修センター 研修受講シール(1単位)
このページの先頭へ

平成25年度第5回薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 2014年3月9日(日曜日)午後12時30分より
会場 三宮研修センター 6階
〒651-0085 神戸市中央区八幡通4丁目2番12号
TEL:078-232-0081

参加費

500円

プログラム

  • 開会の挨拶
     兵庫医科大学 感染制御学 竹末 芳生
  • 12:30~14:00(症例検討 90分)
    症例グループ討論
    司会進行:祐生会みどりヶ丘病院 大八木秀和
    コメンテーター:兵庫医科大学 感染制御学 竹末 芳生

    「バンコマイシンの投与設計~腎機能正常例~」

     新  康憲

    「バンコマイシンの投与設計~小児例~」

     伊藤 千恵
  • ~break 10分~
  • 14:10~14:30(講義 20分)
    ミニレクチャー「アムビゾームの適応と使用法」
     兵庫医科大学 感染制御学 竹末 芳生
  • 14:30~15:40(講義 70分 質疑応答 含む)
    講演「薬剤師のための肺炎における画像の読み方とグラム染色活用法」
    座長:兵庫医科大学病院 薬剤部 高橋 佳子
    演者:大阪大学医学部附属病院 感染制御部 関  雅文
  • 15:40~15:50
    第5回 確認試験、修了証の授与

■以下の単位認定申請中です
・日本病院薬剤師会の感染制御専門薬剤師、認定薬剤師の為の認定講習会受講単位〔1.5単位(3時間)〕
・日本化学療法学会の抗菌化学療法認定薬剤師の認定学術集会単位〔2単位〕
・日本薬剤師研修センターの認定研修単位〔1単位〕
・兵庫県病院薬剤師会の研修受講単位〔1単位〕
※尚、本プログラムは年単位の受講となっておりますので、途中からの参加はお断りさせて頂いております。何卒ご了承下さい。

共催

薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム
兵庫県病院薬剤師会
大日本住友製薬株式会社

アクセス

●JR・阪神・阪急の三宮駅 三ノ宮駅中央改札口からフラワーロードを南へ徒歩5分

三宮研修センター地図

このページの先頭へ

第3回札幌薬剤師感染制御研究会

会期 平成25年12月14日(土曜日)14:00開始
場所 ホテルさっぽろ芸文館・3階 清流の間
札幌市中央区北1条西12丁目 TEL 011-231-9551

平成25年10月吉日

札幌薬剤師感染制御研究会
会長 佐藤 秀紀

 この度、第3回札幌薬剤師感染制御研究会を以下の要綱にて開催致します。お忙しいとは思いますが、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

会費

500円

※日本病院薬剤師会生涯研修制度2) 2単位の取得が可能です。
※日本病院薬剤師会感染制御認定・専門薬剤師認定講習2単位を取得予定です。
※日本薬剤師研修センターの受講シール2単位を配布予定です。
※日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師制度 認定学術集会(2単位)です。

プログラム

【製品案内】14:00~  

  • β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤「ゾシン」
     大正富山医薬品株式会社

【会長挨拶】14:15~

  • 北海道薬科大学 佐藤 秀紀

【症例ディスカッション】14:20~16:20

座長:手稲渓仁会病院 岸田 直樹

  • 座長:札幌社会保険総合病院 門村 将太
    「呼吸器系基礎疾患のある肺炎」
     中村記念南病院 薬剤部 山田 和範

【特別講演】 

座長:北海道薬科大学 佐藤 秀紀

  • 特別講演 16:20~18:20
    「意外に難しい肺炎のアプローチ
    -抗菌薬適正使用につながる介入が本当にできてますか?-」

     手稲渓仁会病院 総合内科 感染症科 岸田 直樹

【確認試験】18:20~18:35

共催

札幌薬剤師感染制御研究会、札幌病院薬剤師会、北海道病院薬剤師会、大正富山医薬品株式会社

問合せ先

中村記念南病院 薬剤部 山田 和範
TEL:011-573-8555(代)

会場案内図

●タクシー:JR札幌駅から5分
●地下鉄:地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩5分
●バス:JR札幌駅前バスターミナルから小樽方面55番
    JR北海道バス又は、中央バスで7分 北1条西12丁目下車

このページの先頭へ

平成25年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 1回目 2013年4月7日(日曜日)
2回目 7月14日(日曜日)
3回目 10月20日(日曜日)
4回目 1月頃
5回目 3月頃
会場 三宮

 感染症診療における薬剤師の役割は、Therapeutic Drug Monitoringに基づく抗菌薬の投与設計や Infection Control Teamの一員としての抗菌薬選択など、薬剤部から病棟へ活動の現場を移しつつあります。そのようなニーズに合わせて、本教育プログラムでは1年を通して抗菌薬適正使用に特化した教育を系統的に行うことにより、臨床現場で抗菌化学療法を実践し、抗菌薬適正使用を啓発できる薬剤師を育成することを目的としています。現在、病棟でICTの一員として活動中の薬剤師はもちろん、今後臨床現場における抗菌化学療法に関する活動にご興味のある先生方も奮ってご応募下さい。

対象

おもに関西地区の病院に勤務する薬剤師で、現在ICTに所属している者が望ましいが、その限りではありません

募集人員

約70名(なお、応募者多数の場合、選考はこちらに一任させていただきます)

実施内容

年5回(10単位)を教育プログラム1クールとし、1回3時間、2単位の感染臓器別と抗菌薬種類別の抗菌化学療法の講義(5回目を除く)を行います。また、提示された重症・難治症例に対する病態からの抗菌薬選択に対してグループ討論と発表を行います。なお、講義終了後に講義内容の確認試験を実施します。

教育内容

回数・会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
1回目
2013年4月7日(日曜日)
市中肺炎 抗真菌薬 発熱性好中球減少症 または骨関節感染症
2回目 7月頃 院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
3回目 10月頃 尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
4回目 1月頃 腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
特殊病態下における抗菌療法(透析、セプシス) 重症皮膚・軟部組織感染症
5回目 3月頃 画像検査の読み方、グラム染色活用法、症例グループ討論(数例)

なお、開催場所は三宮で、日時は日曜日の12時30分からとなります

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

その他

教育プログラム修了書を講習会に3回以上の参加者に発行します
なお、ビデオ撮影は行いませんので、欠席される場合、希望される方にはレジメを配布させていただきます

世話人

竹末芳生(兵庫医科大学感染制御学 主任教授)
朝野和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部 教授)
荒川創一(神戸大学大学院医学研究科総合臨床教育・育成学分野 特命教授)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部 教授)

チューター

石坂敏彦(和泉市立病院)
小泉祐一(府中病院)
長谷川豊(神戸薬科大学)
安井友佳子(市立堺病院)
山下和彦(神戸大学医学部附属病院)
吉岡睦展(宝塚市立病院)

事務局

〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 兵庫医科大学病院
TEL:0798-45-6189 E-mail:yktabu@hyo-med.ac.jp
担当:高橋佳子

このページの先頭へ

第16回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成25年10月27日(日曜日) 15:00~18:30
場所 ニッセイ静岡駅前ビル 2階 大ホール
静岡県静岡市葵区黒金町59番7号
TEL:054-272-6562

謹 啓

時下、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第16回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に別紙FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会 コミュニティーホスピタル甲賀病院 薬剤部 渡邉 学

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳 先生より「MAC症」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

開会のことば  四日市社会保険病院 薬剤部 片山 歳也

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

総合コメンテーター
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学
主任教授 三鴨 廣繁

  • [製品紹介] 「ポリエンマクロライド系抗真菌薬 アムビゾーム」
     大日本住友製薬株式会社
  • [基調講演] 「MAC症」
     愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳
  • [ SGD ] 1症例1グループ
     司会進行 国際医療福祉大学熱海病院 薬剤部    鈴木 高弘
     チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 客員教授  森 健
    「カテーテルはいつ抜くか!?カテーテル関連血流感染症の再発患者」
      静岡県立静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩

※ご参加およびご聴講の<抗菌薬セミナー申込書>をダウンロードしてください。
※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:500円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

会場案内

<電車でお越しの場合>
●JR『静岡駅』下車 静岡駅東口 国道1号線沿いを東へ徒歩3分
●静岡鉄道『新静岡駅』下車 徒歩7分

<お車でお越しの場合>
 東名高速道路   静岡インターチェンジより約15分
 新東名高速道路  新静岡インターチェンジより約20分
(※なお、休日の静岡駅周辺の駐車場は大変混雑が予想されますので公共交通機関のご利用をお勧め致します)

このページの先頭へ

第15回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成25年5月19日(日曜日)15:00~18:30
場所 四日市文化会館 第3ホール
三重県四日市市安島二丁目5番3号
TEL:059-354-4501

謹啓

 新緑の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第15回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:村木 優一(三重大学医学部附属病院 薬剤部)

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨感染症学 教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 山岸 由佳先生より「麻疹・水痘」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

開会のことば:片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

  • [製品紹介]「カルバペネム系抗生物質製剤 メロペン」
     大日本住友製薬株式会社
  • [基調講演] 「麻疹・水痘」
     山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部)
  • [SGD]1症例1グループ
     司会進行 森  章哉(鈴鹿中央総合病院 薬剤部)
     チューター 森   健(名城大学 薬学部)
  • 「市中発症のUrosepsisに起因した敗血症性関節炎の1症例」
     榎屋 友幸(三重大学医学部附属病院 薬剤部)
     総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:1000円
※参加資格:薬剤師

共催予定

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援予定

静岡県病院薬剤師会

会場地図

地図

<電車でお越しの場合>
(1)近鉄四日市駅から徒歩10分
(2)JR四日市駅からタクシーで約8分

<お車でお越しの場合>
東名阪自動車道四日市ICより約15分(7km)

このページの先頭へ

平成25年度第1回薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 2013年4月7日(日曜日)午後12時30より
会場 三宮研修センター 8階 
〒651-0085 神戸市中央区八幡通4丁目2番12号
TEL:078-232-0081

参加費

500円

プログラム

  • 開会の挨拶
    兵庫医科大学 感染制御学 主任教授 竹末 芳生
  • 12:30-13:20(講義 40分/質疑応答 10分)
    講演1 「市中肺炎における抗菌薬の適正使用について」
    座長:未定
    信楽園病院 研究部長 青木 信樹
  • 13:20-14:40
    症例グループ討論 ~テーマ:骨関節感染症~
    進行:兵庫医科大学 感染制御学 主任教授  竹末 芳生
    症例提示:兵庫医科大学 薬剤部 高橋 佳子
      5分 症例提示
     30分 ディスカッション
     30分 発表
     15分 解説
  • ~ break 10分 ~
  • 14:50-15:40(講義 40分/質疑応答 10分)
    講演2「侵襲性カンジダ症の診断と治療」
    兵庫医科大学 感染制御学 主任教授 竹末 芳生
  • 15:40-15:55
    第1回 確認試験

■当研修会は以下の単位が取得できます。
・日本病院薬剤師会の感染制御専門薬剤師、認定薬剤師の為の認定講習会受講単位〔1.5単位(3時間)〕
・日本化学療法学会の抗菌化学療法認定薬剤師の認定学術集会単位〔2単位〕
・日本薬剤師研修センターの認定研修単位〔1単位〕
・兵庫県病院薬剤師会の研修受講単位〔1単位〕

共催

薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム
兵庫県病院薬剤師会
アステラス製薬株式会社

アクセス

●JR・阪神・阪急の三宮駅 三ノ宮駅中央改札口からフラワーロードを南へ徒歩5分

三宮研修センター地図

神戸

このページの先頭へ

第14回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成25年1月27日(日曜日)15:00~18:30
場所 じゅうろくプラザ 5階大会議室
岐阜県岐阜市橋本1丁目10番地11
TEL:058-262-0150

謹啓

 厳寒の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第14回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記<抗菌薬セミナー申込書>をダウンロードの上、FAXにてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:青山  智(岐阜市民病院 薬剤部)

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 山岸 由佳先生より「レジオネラ・クラミドフィラ」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

開会のことば:片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

  • [製品紹介]「カルバペネム系抗生物質製剤 メロペン」
     大日本住友製薬株式会社
  • [基調講演] 「レジオネラ・クラミドフィラ」
     山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部)
  • [SGD]1症例1グループ
     司会進行 丹羽  隆(岐阜大学医学部附属病院 薬剤部)
     チューター 森   健(名城大学 薬学部)
  • 「MRSAによる骨髄炎と蜂窩織炎を合併した患者にダプトマイシンを使用した1例」
     稲垣 孝行(高山赤十字病院 薬剤部)
     総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:1000円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

会場地図

地図

・JR岐阜駅隣接 徒歩約2分
・名鉄岐阜駅より 徒歩約7分

このページの先頭へ

平成24年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 第1回:2012年4月15日(日曜日)
第2回:2012年7月22日(日曜日)
第3回:2012年10月7日(日曜日)
第4回:2013年1月20日(日曜日)
第5回:2013年3月頃
会場 三宮

 感染症診療における薬剤師の役割は、Therapeutic Drug Monitoringに基づく抗菌薬の投与設計やInfection Control Teamの一員としての抗菌薬選択など、薬剤部から病棟へ活動の現場を移しつつあります。そのようなニーズに合わせて、本教育プログラムでは1年を通して抗菌薬適正使用に特化した教育を系統的に行うことにより、臨床現場で抗菌化学療法を実践し、抗菌薬適正使用を啓発できる薬剤師を育成することを目的としています。現在、病棟でICTの一員として活動中の薬剤師はもちろん、今後臨床現場における抗菌化学療法に関する活動にご興味のある先生方も奮ってご応募下さい。

対象

おもに関西地区の病院に勤務する薬剤師で、現在ICTに所属している者が望ましいが、その限りではありません。

募集人員

約60名(なお、応募者多数の場合、選考はこちらに一任させていただきます)

実施内容

年5回(10単位)を教育プログラム1クールとし、1回3時間、2単位の感染臓器別と抗菌薬種類別の抗菌化学療法の講義(5回目を除く)を行います。また、提示された重症・難治症例に対する病態からの抗菌薬選択に対してグループ討論と発表を行います。なお、講義終了後に講義内容の確認試験を実施します。

教育内容

なお、開催場所は三宮で、日時は日曜日の12時30分から3時間となります
回数・会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
第1回
2012年4月15日(日曜日)
市中肺炎 抗真菌薬 発熱性好中球減少症
または骨関節感染症
第2回
2012年7月22日(日曜日)
院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
第3回
2012年10月7日(日曜日)
性・尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
第4回
2013年1月20日(日曜日)
腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
特殊病態下における抗菌療法
(透析、セプシス)
重症皮膚・軟部組織感染症
第5回
2013年3月頃
画像検査の読み方、グラム染色活用法、症例グループ討論(数例)

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

その他

教育プログラム修了書を講習会に3回以上の参加者に発行します
なお、ビデオ撮影は行いませんので、欠席される場合、必要な方にはレジメを配布させていただきます

世話人

竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学)
朝野 和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部)
荒川 創一(神戸大学大学院医学研究科総合臨床教育・育成学分野)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部)

チューター

石坂 敏彦(和泉市立病院 薬剤部)
小泉 祐一(府中病院 薬剤部)
長谷川 豊(神戸薬科大学 薬学臨床教育センター)
安井友佳子(市立堺病院 薬剤科)
山下 和彦(神戸大学医学部附属病院 薬剤部)
吉岡 睦展(宝塚市立病院 薬剤部)

事務局

〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 兵庫医科大学病院 
TEL:0798-45-6189 E-mail:yktabu@hyo-med.ac.jp
担当:高橋 佳子

このページの先頭へ

第13回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成24年9月17日(月曜日) 15:00~18:30
場所 愛知県産業労働センターウインクあいち 1002大会議室
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 (TEL 052-571-6131)

謹啓

 新涼の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第13回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記<抗菌薬セミナー申込書>をダウンロードの上、FAXにてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:中根 茂喜(中部ろうさい病院 薬剤部)

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院感染制御部 山岸 由佳先生より「マイコプラズマ・百日咳」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

開会のことば:片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

  • [製品紹介] 「カルバペネム系抗生物質製剤 メロペン」
     大日本住友製薬株式会社
  • [基調講演] 「マイコプラズマ・百日咳」
     山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)
  • [SGD]1症例1グループ
     司会進行 木村 匡男(愛知医科大学病院 薬剤部)
     チューター 森   健(名城大学 薬学部)
  • 「十二指腸憩室後腹膜穿孔にて開腹ドレナージ術後、腹部大動脈瘤感染性仮性瘤にて人工血管置換術を施行し長期間の抗菌薬投与が必要となった1症例」
     佐々 弥栄子(名古屋第二赤十字病院 薬剤部)
     総合コメンテーター 三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:1000円
※参加資格:薬剤師

共催予定

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援予定

静岡県病院薬剤師会

会場地図

地図1

地図2

・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

このページの先頭へ

第2回札幌薬剤師感染制御研究会

会期 平成24年7月21日(土曜日)14:00開始
場所 第一三共株式会社 札幌支店
札幌市中央区大通西8丁目1-8 TEL:011-221-4620

札幌薬剤師感染制御研究会
会長 佐藤 秀紀

 この度、第2回札幌薬剤師感染制御研究会を以下の要綱にて開催致します。お忙しいとは思いますが、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

プログラム

【製品案内】14:00~
広範囲経口抗菌製剤『グレースビット錠50mg・細粒10%』
第一三共株式会社

【会長挨拶】14:15~
札幌南三条病院 佐藤 秀紀

【症例ディスカッション】14:20~
座長:手稲渓仁会病院 岸田 直樹
座長:中村記念南病院 山田 和範
 ・「カテーテル関連感染を疑う一症例」
   國本 雄介(札幌医科大学附属病院)

【特別講演】
座長:札幌南三条病院 佐藤 秀紀
 ・特別講演 16:20~
  「カテーテル血流感染症の本当の?診断・治療法」
   岸田 直樹(手稲渓仁会病院 総合診療科 感染症内科)

【確認試験】18:20~18:35

以上

※日本病院薬剤師会生涯研修制度2)2単位の取得が可能です。
※日本病院薬剤師会感染制御認定・専門薬剤師認定講習2単位を取得予定です。
※日本薬剤師研修センターの受講シール2単位を配布予定です。

四日市文化会館地図
※駐車場はありませんので公共の交通機関のご利用をよろしくお願いいたします。

主催

札幌薬剤師感染制御研究会

共催

札幌病院薬剤師会、北海道病院薬剤師会、第一三共株式会社

問合せ先

札幌南三条病院 薬剤部 佐藤 秀紀 TEL:011-233-3712

会費

500円

このページの先頭へ

第12回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成24年5月27日(日曜日)15時~18時30分
場所 アクトシティ浜松コングレスセンター
静岡県浜松市中区板屋町111-1
TEL:053-451-1111

謹啓
 新緑の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第12回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記<抗菌薬セミナー申込書>をダウンロードの上、FAXにてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:医療法人社団駿甲会
コミュニティーホスピタル甲賀病院 薬剤科
渡邉  学

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院感染制御部 山岸 由佳先生より「細菌検査(2)」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表
四日市社会保険病院 薬剤部 片山 歳也

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

  • [製品紹介]「カルバペネム系抗生物質製剤 メロペン」
     大日本住友製薬株式会社
  • [基調講演]「細菌検査(2)」
     愛知医科大学病院 感染制御部 山岸 由佳
  • [SGD]1症例1グループ
     司会進行:静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩
     チューター:名城大学 薬学部 森   健
  • 「抗菌薬選択に苦慮した脳室シャント感染の一症例」
     聖隷浜松病院 薬剤部 本田 勝亮
     総合コメンテーター:愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学 三鴨 廣繁

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:1000円
※参加資格:薬剤師

共催予定

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援予定

静岡県病院薬剤師会

会場地図

地図1

地図2

※JR浜松駅からは徒歩で5分~10分程です。

このページの先頭へ

第11回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2012年2月19日(日曜日)15時~18時30分
場所 四日市文化会館 第3ホール
三重県四日市市安島二丁目5番3号
TEL:059-354-4501
四日市文化会館地図 
<電車でお越しの場合>
(1)近鉄四日市駅から徒歩10分
(2)JR四日市駅からタクシーで約8分
<お車でお越しの場合>
東名阪自動車道四日市ICより約15分(7km)

謹啓

平成24年1月

 厳寒の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第11回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に別紙FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会 間瀬 広樹(三重中央医療センター 薬剤科)

本会の趣旨

 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院感染制御部 山岸 由佳先生より「細菌検査」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表
片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[製品紹介]「カルバペネム系抗生物質製剤 メロペン」
 大日本住友製薬株式会社

[基調講演]「細菌検査」
 山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)

[SGD]1症例1グループ
司会進行:林  雅彦(鈴鹿医療科学大学 薬学部)
チューター:森   健(名城大学 薬学部)
「右骨盤腫瘍における腫瘍掻爬術および人工骨充填術の化膿性骨髄炎の一症例」
 榎屋 友幸(三重大学医学部附属病院 薬剤部)

総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御専門・認定薬剤師、日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。
※参加費:1000円
※参加資格:薬剤師

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

このページの先頭へ

第10回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2011年10月9日(日曜日)15時~
場所 愛知県産業労働センターウインクあいち 902号室
(名古屋駅より徒歩2分)
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL:052-571-6131
ウインクあいち地図 ウインクあいち画像

謹啓

平成23年8月

 盛夏の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第10回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会 後藤 千寿(岐阜市民病院)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は愛知医科大学病院感染制御部 山岸 由佳先生より「感染症診断に役立つ血清学的診断法」の演題名にてご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表
四日市社会保険病院 片山 歳也

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[基調講演]「感染症診断に役立つ血清学的診断法」
 山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)

[SGD]1症例1グループ
司会進行:髙田 裕子(大垣市民病院 薬剤部)
チューター:森   健(名城大学 薬学部)

「脊髄硬膜外膿瘍より波及した細菌性髄膜炎の一例」
 上田 秀親(高山赤十字病院 薬剤部)

総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援予定

静岡県病院薬剤師会

このページの先頭へ

平成23年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期 第1回:2011年4月24日(日曜日)

 感染症診療における薬剤師の役割は、Therapeutic Drug Monitoringに基づく抗菌薬の投与設計やInfection Control Teamの一員としての抗菌薬選択など、薬剤部から病棟へ活動の現場を移しつつあります。そのようなニーズに合わせて、本教育プログラムでは1年を通して抗菌薬適正使用に特化した教育を系統的に行うことにより、臨床現場で抗菌化学療法を実践し、抗菌薬適正使用を啓発できる薬剤師を育成することを目的としています。現在、病棟でICTの一員として活動中の薬剤師はもちろん、今後臨床現場における抗菌化学療法に関する活動にご興味のある先生方も奮ってご応募下さい。

対象

おもに大阪、阪神地区、神戸、神戸西部の病院に勤務する薬剤師で、現在ICTに所属している者が望ましいが、その限りではありません

募集人員

60名
(なお、応募者多数の場合、選考はこちらに一任させていただきます)

実施内容

年5回(10単位)を教育プログラム1クールとし、1回3時間、2単位の感染臓器別と抗菌薬種類別の抗菌化学療法の講義(5回目を除く)を行います。また、提示された重症・難治症例に対する病態からの抗菌薬選択に対してグループ討論と発表を行います。なお、講義終了後に講義内容の確認試験を実施します。

教育内容

  感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
1回目
4月24日(日)
市中肺炎 抗真菌薬 発熱性好中球減少症
または骨関節感染症
2回目 院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
3回目 性・尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
4回目 腹腔内感染症
術後感染予防抗菌薬
特殊病態下における抗菌療法
(透析、セプシス)
重症皮膚・軟部組織感染症
5回目 画像検査の読み方、グラム染色活用法、症例グループ討論(数例)
なお、開催日が決定していない場合も開催は日曜日の12時30分からとなります

参加費

1回につき500円(その都度徴収させていただきます)

その他

教育プログラム修了書を講習会に3回以上の参加者に発行します
なお、ビデオ撮影は行いませんので、欠席される場合、必要な方にはレジメを配布させていただきます

世話人

竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学)
朝野 和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部)
荒川 創一(神戸大学大学院医学研究科総合臨床教育・育成学分野)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部)

チューター

石坂 敏彦(和泉市立病院)
小泉 祐一(府中病院)
長谷川 豊(神戸薬科大学)
安井友佳子(市立堺病院)
山下 和彦(神戸大学医学部附属病院)
吉岡 睦展(宝塚市立病院)

このページの先頭へ

第9回感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2011年5月29日(日曜日)15時~18時30分
場所 愛知県産業労働センターウインクあいち 902号室
(名古屋駅より徒歩2分)
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL:052-571-6131
ウインクあいち地図 ウインクあいち画像

・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

謹啓

平成23年4月

 春暖の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第9回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に別紙FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:木村 匡男(愛知医科大学病院 薬剤部)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学主任教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は「感染症に関する検査所見(末梢血、生化など)」と題し、愛知医科大学病院 感染制御部 山岸 由佳先生よりご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表 滝  久司

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[基調講演]「感染症に関する検査所見(末梢血、生化など)」
 山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)

[SGD]1症例1グループ
司会進行:小林 義和(東海市民病院分院 薬剤科)
チューター:森   健(名城大学 薬学部)

「副作用のため使用薬剤が限られ治療に難渋した肺アスペルギルス症の一例」
 青田真理子(名古屋セントラル病院 薬剤部)

総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師日本病院薬剤師会感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

このページの先頭へ

第8回感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2011年2月13日(日曜日)14時~17時30分
場所 アクトシティー浜松研修交流センター 音楽工房ホール
(浜松駅より徒歩7分)
静岡県浜松市中区板屋町111-1
TEL:053-451-1111
研修交流センター入り口までのご案内

謹啓

平成23年1月

 寒冷の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第8回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に下記FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:中村 安孝(静岡厚生病院 薬局)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は「画像の復習」と題し、愛知医科大学病院 感染制御部 山岸 由佳先生よりご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表 滝  久司
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 薬剤科)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[基調講演]「画像の復習」
 山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)

[SGD]1症例1グループ
司会進行:本田 勝亮(聖隷浜松病院 薬剤部)
チューター:森   健(名城大学 薬学部)

「VCMは本当に無効だったのか?
 ―MRSA感染症におけるVCMのTDMについて―」

 望月 敬浩(静岡県立静岡がんセンター 薬剤部)

総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は感染制御専門・認定薬剤師、日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

このページの先頭へ

第7回感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2010年10月17日(日曜日)14時~
会場 名城大学サテライトキャンパス(名駅前)
名古屋市中村区名駅3名古屋駅前SIAビル13階
TEL:052-551-1666

平成22年8月

謹啓
 残暑の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第7回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

総合司会:片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は「感染症とバイタルサイン」と題し、愛知医科大学病院 感染制御部 山岸 由佳先生よりご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表 滝  久司
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院 薬剤科)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[基調講演]「感染症とバイタルサイン」
 山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)

[SGD]1症例1グループ
司会進行:武内 恵子(鈴鹿回生病院 薬剤管理課)
チューター:森   健(名城大学 薬学部)

「胆管炎における抗菌化学療法の一症例」
 村木 優一(三重大学医学部附属病院 薬剤部)

総合コメンテーター:三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は感染制御専門・認定薬剤師、日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※ 会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

静岡県病院薬剤師会

このページの先頭へ

第6回感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 2010年5月9日(日曜日)13時~17時30分
会場 岐阜じゅうろくプラザ(岐阜駅隣接)
岐阜市橋本町1丁目10番地11
TEL:058-262-0150


交通のご案内
■JR岐阜駅隣接 徒歩約2分
■名鉄岐阜駅より 徒歩約7分
■岐阜各務原I.Cより 車約15分
■岐阜羽島I.Cより 車約20分
駐車場のご案内
有料駐車場58台収容。ただし、一部の車種についてはスペースの関係上お断りする場合があります。

平成22年3月

謹啓
 寒冷の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第6回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に別紙FAX<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
 ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

謹白

世話人 高田 裕子(大垣市民病院 薬剤部)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は「科学的根拠に基づいた抗真菌薬の投与設計」と題し、同志社女子大学 薬学部 松元 加奈先生よりご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表 滝  久司
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院)

プログラム

SGD形式:2グループの構成 症例提示者:2名、ご参加の討論者:10名(先着順)

[ミニレクチャー]「科学的根拠に基づいた抗真菌薬の投与設計」
 松元 加奈(同志社女子大学 薬学部 臨床薬剤学研究室)

[SGD]2症例2グループ
チューター 森   健(名城大学 薬学部)

  1. 「真菌感染症に対して薬剤師が関与した一例」
     鈴木 昭夫(岐阜大学医学部附属病院 薬剤部)
     SGD進行役 後藤 千寿(岐阜大学医学部附属病院 薬剤部)
  2. 「重症腹膜炎を呈したCAPD患者の一症例」
     高田 裕子(大垣市民病院 薬剤部)
     SGD進行役 上田 秀親(高山赤十字病院 薬剤部)

総合コメンテーター 三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 感染制御学)

※ディスカッションにご参加申し込み頂いた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師日本病院薬剤師会感染制御専門・認定薬剤師日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
三重県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
静岡県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

このページの先頭へ

平成22年度薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

会期・会場 第1回:平成22年4月18日(日曜日)13時~16時 三宮研修センター
第2回:平成22年7月(未定)
第3回:平成22年10月(未定)
第4回:平成23年1月(未定)

 感染症診療における薬剤師の役割は、Therapeutic Drug Monitoringに基づく抗菌薬の投与設計や Infection Control Teamの一員としての抗菌薬選択など、薬剤部から病棟へ活動の現場を移しつつあります。そのようなニーズに合わせて、本教育プログラムでは1年を通して抗菌薬適正使用に特化した教育を系統的に行うことにより、臨床現場で抗菌化学療法を実践し、抗菌薬適正使用を啓発できる薬剤師を育成することを目的としています。今後、臨床現場における抗菌化学療法に関する活動にご興味のある先生方は、奮ってご応募下さい。

対象

大阪、阪神地区、神戸、神戸西部の病院に勤務する薬剤師で、現在ICTに所属している者が望ましいが、その限りではありません。

募集人員

各地区より15名、合計60名
(なお、応募者多数の場合、選考はこちらに一任させていただきます)

実施内容

年4回(8単位)を教育プログラム1クールとし、1回3時間、2単位の感染臓器別と抗菌薬種類別の抗菌化学療法の講義を行います。また、提示された重症・難治症例に対する病態からの抗菌薬選択に対してグループ討論と発表を行います。なお、講義終了後に前回の講義内容の確認試験を実施しますが、4回目の試験は最終回に3回目の講義内容の試験と併せて実施します。

教育内容

*第1回の開催は、三宮研修センターにて13時~16時を予定しております
回数 会期 感染臓器別 抗菌薬種類別 症例グループ討論
第1回 平成22年4月18日 市中肺炎 抗真菌薬 発熱性好中球減少症
第2回 平成22年7月 院内肺炎 抗MRSA薬 細菌性心内膜炎
第3回 平成22年10月 性・尿路感染症 グラム陰性菌感染治療 細菌性髄膜炎
第4回 平成23年1月 外科感染 特殊病態下における抗菌療法
(透析、セプシス)
重症皮膚・軟部組織感染症

参加費

1回につき500円(合計2,000円を一括で納付)

その他

教育プログラム修了書は4回参加者ならびに試験合格者に発行します。

世話人

竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学 教授)
朝野 和典(大阪大学医学部附属病院感染制御部 教授)
荒川 創一(神戸大学大学院医学研究科総合臨床教育・育成学分野 特命教授)
平井みどり(神戸大学医学部附属病院薬剤部 教授)

事務局

〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 兵庫医科大学病院 感染制御部
担当:高橋 佳子
TEL:0798-45-6689 E-mail:yktabu@hyo-med.ac.jp

なお、新規受講者の方に優先的に受講していただきますので、平成21年度に受講された先生方は、そのことをご了承ください。

このページの先頭へ

第5回東海地区感染制御研究会 抗菌薬セミナー

会期 平成22年2月21日(日曜日)14時~
会場 名城大学サテライトキャンパス(名駅前)
名古屋市中村区名駅3 名古屋駅前SIAビル13階(TEL:052-551-1666)

 厳寒の候、先生方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、東海地区感染制御研究会では下記要領にて『第5回感染制御研究会 抗菌薬セミナー』を開催いたします。つきましては、多数の先生方のご参加を賜りたくご案内申し上げます。お手数ではございますが、会場の都合上、事前に<抗菌薬セミナー申込書>にてお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
ご多用のこととは存じますが、何卒宜しくお願いいたします。

世話人 坂野 昌志(名古屋セントラル病院 薬剤科)

<本会の趣旨>
 当研究会の活動の一環として、コメンテーターに愛知医科大学感染制御学教授 三鴨 廣繁先生をお迎えし、SGD(small group discussion)形式を主体とした「抗菌薬セミナー」を開催致します。今回は「胸部レントゲンの見方―その2―」と題し、愛知医科大学病院 感染制御部 山岸 由佳先生よりご講演を頂きます。この機会をご活用いただきまして、臨床業務にお役立ていただければ幸いです。

東海地区感染制御研究会 代表 滝 久司
(独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院)

プログラム

SGD形式:1グループの構成 症例提示者:1名、ご参加の討論者:10名(先着順)

総合コメンテーター:
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学教授)

  • [ミニレクチャー]「胸部レントゲンの見方―その2―」
     山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染制御部)
  • [ SGD ]1症例1グループ
     司会進行:片山 歳也(四日市社会保険病院 薬剤部)
     チューター:森  健(名城大学 薬学部 教授)
  • 「抗真菌薬併用療法を試みた肺アスペルギルス症の1例」
     中根 茂喜(独立行政法人 労働者健康福祉機構 中部労災病院 薬剤部)

※ディスカッションにご参加申し込みいただいた先生には会の開催までに資料をお届けいたします。
※本会は日本化学療法学会、感染制御専門・認定薬剤師、日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
※会終了後確認テストを実施致します。

参加費

1000円

共催

愛知県病院薬剤師会
岐阜県病院薬剤師会
静岡県病院薬剤師会
東海地区感染制御研究会
大日本住友製薬株式会社

後援

三重県病院薬剤師会

このページの先頭へ

第4回病院感染制御担当者育成講習会

日時 2009年11月21日(土曜日)14時30分~16時30分
場所 未定

プログラム

  1. 血液媒介感染対策(肝炎対策、職業感染を含む)
    講師:岡  慎一(国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター)
    B型肝炎、C型肝炎、HIV感染症等の予防体制、針刺し事故時の対応と問題点など
  2. 呼吸器感染対策
    講師:川名 明彦(防衛医科大学校感染症科)
    結核感染症の現状と対策、インフルエンザ等の空気飛沫感染、人工呼吸器関連肺炎など
このページの先頭へ

第3回薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

日時 平成21年10月4日(日曜日)13時より
場所 三宮研修センター 8階
神戸市中央区八幡通4丁目2番12号
TEL:078-232-0081
このページの先頭へ

第2回薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

日時 平成21年7月26日(日曜日)13時~16時
場所 神戸国際会館 9階 大会議室
神戸市中央区御幸通8丁目1番6号 TEL:078-231-8161
このページの先頭へ

第1回薬剤師抗菌化学療法実践教育プログラム

日時 平成21年4月26日(日曜日)13時~16時
場所 三宮研修センター 5階
神戸市中央区八幡通4丁目2番12号
TEL:078-232-0081