ページの先頭です
  1. ホーム >
  2. お知らせ一覧 >
  3. 日本化学療法学会雑誌の冊子配布について
お知らせ

学会より

日本化学療法学会雑誌の冊子配布について

(2017年3月10日 掲載)

平成29年3月

会員各位

公益社団法人日本化学療法学会
理事長 清田  浩
日本化学療法学会雑誌担当理事 松本 哲哉
日本化学療法学会雑誌編集委員長 舘田 一博

日本化学療法学会雑誌(和文誌)は本学会発足以来、今年で第65巻を迎え、わが国の抗菌あるいは抗癌化学療法の発展とともに歩んでまいりました。その間、日本感染症学会との合同英文誌であるJournal of Infection and Chemotherapy(JIC)が発刊され、この英文誌とともに今日に至っております。

JICはすでに冊子の配布は中止され、冊子体を希望の正会員には年間7,500円、団体会員および賛助会員には年間10,000円の購読料をいただいて運営しておりますが、この度、日本化学療法学会雑誌も本年5月28日の本学会総会の決議を経て第65巻4号(7月発行)より冊子の配布を中止する予定です。この背景には日本化学療法学会雑誌を含め、すでに多くの医学系雑誌が電子媒体で利用されていること、冊子体の配布に多くの費用がかかることなどが挙げられます。この点につきまして会員の皆様にはどうかご理解いただきますようお願い申し上げます。

  1. 日本化学療法学会雑誌は第65巻、第4号から冊子体の配布を中止いたします。但し、名誉会員、賛助会員および大学図書館などの公的機関が団体会員である場合は引き続き冊子体を配布いたします。
  2. 会員は発刊日から従来通り、当学会ホームページから無料で電子ジャーナルの閲覧が可能となります。
  3. 日本化学療法学会雑誌の発刊時には電子メールで会員の皆様に目次を配信する予定です。但し、毎年12月までに当該年度の会費が未納の場合は配信できませんのでご留意ください。
  4. 引き続き冊子体での購読を希望される正会員および団体会員(大学図書館などの公的機関を除く)の場合は、平成29年度分(第65巻4号、5号、6号と第66巻1号、2号)は無料で配布されますが、平成30年度の第66巻3号より年間5,000円の購読料をご請求させて頂きます。今後、冊子体をご希望の正会員および団体会員の方は平成29年5月31日(水曜日)までに学会事務局にお知らせください。
  5. 日本化学療法学会雑誌へ掲載された論文は、原則として筆頭著者に論文のPDFを電子メールでお送りいたします。別刷は有料となり、100部単位でのお申し込みとなります。

以上