ページの先頭です
  1. ホーム >
  2. 委員会報告・ガイドライン一覧
委員会報告・ガイドライン

委員会報告・ガイドライン一覧

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
このページの先頭へ

用語委員会

このページの先頭へ

臨床試験委員会報告

  • プロトコール作成委員会呼吸器系委員会報告
    『呼吸器感染症に対する新規抗微生物薬の臨床試験実施計画書と症例報告書』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 49, 2001年12月号 p.670~754
    全文PDF(9.2MB)
  • プロトコール作成委員会呼吸器系委員会報告
    『Clinical Trial Protocol for a New Antimicrobial Agent for the Treatment of Respiratory Tract Infections』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 8, 2002年3号 p.273~319
    全文PDF(428KB)
  • プロトコール作成委員会泌尿器系委員会報告
    『泌尿器科領域感染症に対する新規抗微生物薬の治験実施計画書と症例報告書(第1版)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 49, 2001年12月号 p.755~982
    全文PDF(23.5MB)
  • 同意文書作成委員会報告
    『説明・同意文書(第1版)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 49, 2001年12月号 p.983~987
    全文PDF(792KB)
  • ブリッジング検討委員会報告
    『抗菌薬海外臨床データの利用とブリッジングスタディーに対する日本化学療法学会の考え方(第1版)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 49, 2001年12月号 p.988~991
    全文PDF(796KB)
  • 皮内反応検討特別部会
    『皮内反応検討特別部会報告』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 51, 2003年8月号 p.497~506
    論文抄録
  • 皮内反応検討特別部会
    『従来の抗菌薬投与に関連するアナフィラキシー対策のガイドラインとその概要版』
    ガイドライン・概要
このページの先頭へ

サーベイランス委員会

発表ポスター

  • 『第25回国際化学療法学会(2007)発表ポスター』
    概要
  • 『第26回国際化学療法学会(2008)発表ポスター』
    概要
  • 『21th ECCMID/27th ICC合同学会(2011)発表ポスター』
    概要
  • 『51st ICAAC(2011)手術部位感染の発表ポスター』
    概要
  • 『第28回国際化学療法学会(2013)発表ポスター』
    概要

掲載論文

  • The first nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Japanese Society of Chemotherapy.
    Part 1: a general view of antibacterial susceptibility

    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 14 (4), 2008 p. 279-290
    全文PDF(86KB)
  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Japanese Society of Chemotherapy in 2007: general view of the pathogens' antibacterial susceptibility
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 15 (3), 2009 p. 156-167
    全文PDF(91KB)
  • The nationwide study of bacterial pathogens associated with urinary tract infections conducted by the Japanese Society of Chemotherapy
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 17 (1), 2011 p. 126-138
    全文PDF(207KB)
  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Japanese Society of Chemotherapy in 2008: general view of the pathogens' antibacterial susceptibility
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 17 (4), 2011 p. 510-523
    全文PDF(108KB)
  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Surveillance Committee of Japanese Society of Chemotherapy, Japanese Association for Infectious Diseases, and Japanese Society for Clinical Microbiology in 2009: general view of the pathogens' antibacterial susceptibility
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 18 (5), 2012 p. 609–620
    全文PDF(103KB) | 訂正
  • Nationwide surveillance of antimicrobial susceptibility patterns of pathogens isolated from surgical site infections (SSI) in Japan
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 18 (6), 2012 p. 816-826
    全文PDF(293KB)
  • Nationwide surveillance of bacterial pathogens from patients with acute uncomplicated cystitis conducted by the Japanese surveillance committee during 2009 and 2010: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli and Staphylococcus saprophyticus
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 19 (3), 2013 p. 393-403
    全文PDF(104KB)
  • Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 19 (4), 2013 p. 571-578
    全文PDF(77KB)
  • The second nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japan, 2012-2013
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 21 (5), 2015 p. 340-345
    全文PDF(245KB)
  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens Conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2010: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 21 (6), 2015 p. 410-420
    全文PDF(276KB)
  • Nationwide surveillance of 6 otorhinolaryngological infectious diseases and antimicrobial susceptibility pattern in the isolated pathogens in Japan
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 21 (7), 2015 p. 483-491
    全文PDF(633KB)
  • Japanese nationwide surveillance in 2011 of antibacterial susceptibility patterns of clinical isolates from complicated urinary tract infection cases
    Journal of Infection and Chemotherapy, Vol. 21 (9), 2015 p.623-633
    全文PDF(290KB)
このページの先頭へ

MIC(最小発育阻止濃度)測定法に関して

  • 『嫌気性菌の最小発育阻止濃度(MIC)測定法』
    Chemotherapy Vol. 27, 1979年3月号 p.559~561
    全文PDF(254KB)
  • 『最小発育阻止濃度(MIC)測定法再改訂について』
    (1968年制定、1974年改訂)
    Chemotherapy Vol. 29, 1981年1月号 p.76~79
    全文PDF(550KB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(1989年)
    『微量液体希釈によるMIC測定法(微量液体希釈法)』─日本化学療法学会標準法─
    Chemotherapy Vol. 38, 1990年1月号 p.102~105
    全文PDF(550KB)
  • 『クラミジアMIC測定法』─日本化学療法学会標準法(1991年改訂版)─
    Chemotherapy Vol. 40, 1992年3月号 p.304~307
    全文PDF(714KB)
  • 『クラミジアMLC測定法』─日本化学療法学会標準法(1991年)─
    Chemotherapy Vol. 40, 1992年3月号 p.315~321
    全文PDF(2.23MB)
  • 『Method for in vitro determination of chlamydial susceptibility (minimum inhibitory concentration; MIC) to antimicrobial agents ─Standard method of Japan Society of Chemotherapy─』
    Chemotherapy Vol. 40, 1992年3月号 p.308~314
    全文PDF(928KB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(1992年)
    ・微量液体希釈によるMIC測定法(微量液体希釈法)の一部修正
    ・栄養要求性の厳しい菌種を対象とした培地の調整と感受性測定法
    ・微量液体希釈法による嫌気性菌に対するMIC測定法

    Chemotherapy Vol. 41, 1993年2月号 p.183~189
    全文PDF(846KB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(2007年)
    『寒天平板希釈法によるMIC測定法』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 56, 2008年1号 (1月) p.49~57
    詳細
    • 英訳版
      Final report from the Committee on Antimicrobial Susceptibility Testing, Japanese Society of Chemotherapy, on the agar dilution method (2007)
      Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 14(5), 2008 p.383-392
      詳細全文PDF(71KB)
  • 抗菌薬感受性試験微量液体希釈法検討委員会報告書
    「インフルエンザ桿菌に対する微量液体希釈法培地の問題点
     ―日本化学療法学会法馬溶血液添加培地とCLSI法HTM培地の比較―」

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 59, 2011年2号(3月) p.206~213
    概要
    • 英訳版
      A report from the committee on microbroth dilution antimicrobialsusceptibility testing
      Issues in antimicrobial susceptibility testing of Haemophilus influenzae: a comparison of the Japanese Society of Chemotherapy lysed horse blood and the CLSI HTM broth microdilution methods
      Journal of Infection and Chemotherapy Vol.18 (1), 2012 p.134-143
      詳細全文PDF(80KB)
このページの先頭へ

副作用・検査値異常の判定基準

  • 『抗菌薬による治験症例における副作用、臨床検査値異常の判定基準』
    Chemotherapy Vol. 39, 1991年7月号 p.687~689
    全文PDF(154KB)
  • 『抗菌薬による治験症例における副作用、臨床検査値異常の判定基準』の一部変更
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 43, 1995年11月号 巻頭
    全文PDF(38KB)
このページの先頭へ

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会

  • 『抗微生物薬安全性評価基準』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 58, 2010年4号(7月) p.484~493
    論文抄録
    • 中間報告
      『抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 中間報告(ドラフト_v.0.2_09318版)「臨床検査値に関する安全性評価基準」 』
      日本化学療法学会雑誌 Vol. 57, 2009年4号(7月) p.320~342
      全文PDF(2.16MB)
  • Criteria for safety evaluation of antimicrobial agents
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 17 (1), 2011 p. 139-147
    全文PDF(80KB)
このページの先頭へ

抗菌薬感受性測定法検討委員会

  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(1992年)
    『呼吸器感染症および敗血症におけるブレイクポイント』
    Chemotherapy Vol. 42, 1994年8月号 p.905~914
    全文PDF(930KB)
  • 『Clinical Breakpoint for Antimicrobial Agents in Pulmonary Infections and Sepsis: Report of the Committee for Japanese Standards for Antimicrobial Susceptibility Testing for Bacteria』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 1 (1), 1995 p.83-88
    全文PDF(3391KB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会
    『新規抗菌薬および既存抗菌薬の追加(1997年)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 45, 1997年9月号 p.757~761
    全文PDF(515KB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(1997年)
    『尿路感染症におけるブレイクポイント』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 45, 1997年8月号 p.711~726
    全文PDF(4.96MB)
  • 抗菌薬感受性測定法検討委員会報告(1997年)
    『尿路感染症におけるブレイクポイント』の一部変更
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 46, 1998年10月号 巻頭
    全文PDF(41KB)
  • The Study Group of the Japan Society of Chemotherapy for Measuring Sensitivity of Antimicrobial Agents
    『Derivation of a Calculation Formula for Breakpoints of Antimicrobial Agents in Urinary Tract Infections』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 4 (2), 1998 p.97-106
    全文PDF(6193KB)
このページの先頭へ

抗菌薬ブレイクポイント委員会

  • 『呼吸器感染症、敗血症および尿路感染症におけるブレイクポイント:新規抗菌薬の追加(2009年)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 57, 2009年4号(7月) p.343~345
    論文抄録
  • 『抗菌薬ブレイクポイント一覧:呼吸器感染症・敗血症・尿路感染症』
    詳細
このページの先頭へ

抗菌薬感受性測定委員会:ヘリコバクター・ピロリ委員会

  • Helicobacter pylori除菌療法におけるclarithromycinおよびamoxicillinのブレイクポイント制定に関する報告書』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 48, 2000年7月号 p.561~568
    全文PDF(964KB)
  • 『ドライブレートを用いた微量液体希釈法によるHelicobacter pylor MIC測定に関する報告書』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 50, 2002年1月号 p.54~58
    全文PDF(331KB)
このページの先頭へ

抗菌薬臨床評価制定委員会(呼吸器系)

  • 抗菌薬臨床評価検討委員会報告
    『呼吸器系疾患についての検討』
    Chemotherapy Vol. 40, 1992年2月号 p.155~172
    全文PDF(2.59MB)
  • 臨床評価法制定委員会 呼吸器系委員会
    『呼吸器感染症における新規抗微生物薬の臨床評価法(1997年)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 45, 1997年9月号 p.762~778
    全文PDF(5.46MB)
  • 臨床評価法制定委員会 呼吸器系委員会
    『呼吸器感染症における新規抗微生物薬の臨床評価法策定の根拠とその検証1.急性上気道感染症群』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 46, 1998年12月号 p.498~505
    全文PDF(2.09MB)
  • 『Clinical evaluation methods for new antimicrobial agents to treat respiratory infections: Report of the Committee for the Respiratory System, Japan Society of Chemotherapy』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 5 (2), 1999 p.110-123
    全文PDF(100KB)
  • 『Clinical breakpoints in pulmonary infections and sepsis: new antimicrobial agents and supplemental information for some agents already released』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 5(4), 1999 p.223-226
    全文PDF(51KB)
  • 抗菌薬感受性測定・臨床評価委員会報告
    『呼吸器感染症および敗血症におけるブレイクポイント:新規抗菌薬の追加(2005年)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 53, 2005年9月号 p.557~559
    論文抄録
このページの先頭へ

抗菌薬臨床評価制定委員会(泌尿器系)

  • 臨床評価法制定委員会 泌尿器系委員会
    『UTI薬効評価基準(第4版暫定案)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 45, 1997年4月号 p.203~247
    全文PDF(5.87MB)
  • 臨床評価法制定委員会 泌尿器系委員会
    『UTI薬効評価基準(第4版暫定案)追補』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 47, 1999年9月号 p.566~592
    全文PDF(1.94MB)
このページの先頭へ

UTI薬効評価基準見直しのための委員会

  • 『尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン―第1版―』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 57, 2009年6号(11月) p.511~525
    論文抄録
  • Japanese guideline for clinical research of antimicrobial agents on urogenital infections: the first edition
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 17 (4), 2011 p. 579-594
    全文PDF(95KB)
このページの先頭へ

尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン改訂委員会

  • 尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン―第2版―
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年3号(5月) p.479~493
    概要
このページの先頭へ

抗菌薬臨床評価制定委員会(術後感染予防)

  • 臨床評価法制定委員会 術後感染予防委員会
    『術後感染症抗菌薬の臨床評価のガイドライン(1997年版)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 45, 1997年7月号 p.553~641
    全文PDF(24.4MB)
  • Japan Society of Chemotherapy, Committee of Clinical Evaluation Methods for Antibiotics, Committee on Prophylactic Antibiotics for Surgery
    『Guideline for the Assessment of the Therapeutic Efficacy of Antibiotics for Postoperative Infections in Japan (1997)』
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 4 (4), 1998 p.151-157
    全文PDF(4337KB)
このページの先頭へ

特殊病態下感染症における抗菌薬治験の手引き作成委員会

  • 『特殊病態下感染症における抗菌薬治験の手引き作成委員会報告書』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 51, 2003年6月号 p.354~394
    全文PDF(4.31MB)
このページの先頭へ

術後感染予防抗菌薬臨床試験に関するガイドライン委員会

  • 『術後感染予防抗菌薬臨床試験ガイドライン(2007年)修正版』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 56, 2008年2号(3月) p.210~217
    概要全文PDF(541KB)
    • 修正版の英訳
      『Guidelines for implementation of clinical studies on surgical antimicrobial prophylaxis (2007) 』
      Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 14 (2), 2008 p.172-177
      概要全文PDF(154KB)
このページの先頭へ

術後感染予防抗菌薬適正使用に関するガイドライン作成委員会

  • 術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン
    公益社団法人日本化学療法学会/一般社団法人日本外科感染症学会
    概要全文PDF(842KB)
このページの先頭へ

抗菌薬感受性・臨床評価委員会(小児科)

  • 小児科領域抗菌薬臨床試験における判定基準作成委員会
    『小児科領域抗菌薬臨床試験における判定基準』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 51, 2003年3月号 p.144~151
    論文抄録
このページの先頭へ

抗菌薬感受性測定・臨床評価委員会(皮膚科)

  • 抗菌薬感受性測定・臨床評価委員会
    『皮膚科領域抗菌薬臨床試験における効果判定基準』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 49, 2001年12月号 p.992~994
    全文PDF(507KB)
このページの先頭へ

抗菌薬臨床評価のガイドライン

  • 抗菌薬臨床評価のガイドライン(厚生省医薬安全局審査管理課)
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 46, 1998年10月号 p.410~437
    全文PDF(5.77 MB)
  • 抗菌薬臨床評価のガイドラインの訂正について
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 46, 1998年12月号 p.506
    全文PDF(47KB)
このページの先頭へ

抗MRSA薬適正使用委員会

  • 『「抗MRSA薬使用の手引き」改訂にあたって』
    概要
  • 『抗MRSA薬の使用実態に関するアンケート結果(2008年)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 59, 2011年2号(3月) p.197~204
    概要
このページの先頭へ

MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会

  • 【 初版(2013年6月) 】
    『MRSA感染症の治療ガイドラインの公開について』

    概要ガイドラインPDF(1.76 MB)
  • 【 追補(2013年9月) 】
    『MRSA感染症の治療ガイドライン追補の公開について』

    概要ガイドラインPDF(305 KB)
  • 【 改訂版(2014年8月) 】
    『MRSA感染症の治療ガイドライン2014年改訂版の公表にあたって』

    概要ガイドラインPDF(2.94 MB)

    【 日本化学療法学会雑誌版 】
    『MRSA感染症の治療ガイドライン―2014年改訂版』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 62, 2014年5号(9月) p.533~604
    概要ガイドラインPDF(0.97 MB)
このページの先頭へ

IRB設置検討委員会

  • 『IRB設置検討委員会報告』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 57, 2009年4号(7月) p.316~318
    論文抄録
このページの先頭へ

抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会

  • 『抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会報告』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 58, 2010年1号(1月) p.18~19
    論文抄録
このページの先頭へ

嫌気性菌感染症治療のガイドライン委員会

このページの先頭へ

レジオネラ治療薬評価委員会

  • 日本化学療法学会レジオネラ治療薬評価委員会からの報告
    『レジオネラ感染症―臨床診断法を中心に―』
    概要
  • 『レジオネラの診断と治療に関するアンケート調査結果』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年1号(1月) p.66~75
    概要
このページの先頭へ

未承認薬検討委員会

  • 日本化学療法学会未承認薬検討委員会 高用量スルバクタムナトリウム・アンピシリンナトリウム部会
    『スルバクタム/アンピシリンの1日用量に関するアンケート調査結果』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 59, 2011年6号(11月) p.634~641
    概要
  • 日本化学療法学会未承認薬検討委員会 高用量メロペネム検討部会
    『メロペネムの1日用量に関するアンケート調査結果』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年2号(3月) p.198~209
    概要
  • 日本化学療法学会未承認薬検討委員会 高用量シプロフロキサシン検討部会
    『注射用シプロフロキサシンの高用量投与の必要性に関するアンケート調査結果報告』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年2号(3月) p.210~222
    概要
  • 『ゲンタマイシン硫酸塩注射液の使用状況に関するアンケ―ト調査結果について』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 61, 2013年3号(5月) p.301~313
    概要
このページの先頭へ

抗菌薬TDMガイドライン作成委員会

  • 抗菌薬TDMガイドライン作成委員会報告
    『テイコプラニンにおける血中トラフ濃度20 μg/mL以上の臨床的効果、安全性』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年4号(7月) p.501~505
    概要
  • Practice guidelines for therapeutic drug monitoring of voriconazole: a consensus review of the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring
    Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 19 (3), 2013 p381-392
    全文PDF(147KB)
  • Practice guidelines for therapeutic drug monitoring of vancomycin: a consensus review of the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring
    Journal of Infection and Chemotherapy, Vol. 19 (3), 2013 p365-380
    全文PDF(136KB)
  • Clinical practice guidelines for therapeutic drug monitoring of arbekacin: A consensus review of the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring
    Journal of Infection and Chemotherapy, Vol. 20 (1), 2014 p1-5
    全文PDF(254KB)
  • 『抗菌薬TDMガイドライン2016(Executive summary)』(2016.6.16 更新)
    概要
このページの先頭へ

呼吸器感染症における新規抗微生物薬の臨床評価法見直しのための委員会

  • 呼吸器感染症における新規抗微生物薬の臨床評価法見直しのための委員会最終報告(確定版)
    『呼吸器感染症における新規抗菌薬の臨床評価法(第二版)』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年1号(1月) p.29~45
    概要
このページの先頭へ

抗菌薬皮内反応検討委員会

  • 抗菌薬皮内反応検討委員会報告
    『抗菌薬に対するアレルギースクリーニング目的の皮内反応中止通知後における抗菌薬皮内反応試験の実施状況とアナフィラキシー反応に関する実態調査』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年1号(1月) p.46~50
    概要
このページの先頭へ

抗真菌薬臨床評価委員会

  • 抗真菌薬臨床評価委員会報告
    『日本化学療法学会抗真菌薬臨床評価委員会 指針』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年3号(5月) p.347~353
    概要
このページの先頭へ

コリスチンの適正使用に関する指針作成委員会

  • 『コリスチンの適正使用に関する指針』
    (英語名:Practical guide for appropriate use of colistin)

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 60, 2012年4号(7月) p.446~468
    概要
  • 『コリスチンの適正使用に関する指針―改訂版―』
    (英語名:Practical guide for appropriate use of colistin: update)

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 63, 2015年3号(5月) p.289~329
    概要
     └訂正が日本化学療法学会雑誌63巻5号に掲載されました。
      Erratum
  • 「コリスチンの適正使用に関する指針」作成委員会からのお知らせ
    コリスチンの感受性判定における感受性自動検査機器の測定精度について(2016年8月)
このページの先頭へ

JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会

  • 呼吸器感染症WG
    『JAID/JSC感染症治療ガイドライン―呼吸器感染症―』

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 62, 2014年1号(1月) p.1~109
    概要
     └上記にさらに改定を加えた形で書籍を発行致しました。
      概要はこちらよりご覧ください。

      書籍版:呼吸器感染症治療ガイドライン(2014年7月発行)
    • 英語版
      JAID/JSC Guidelines for the Treatment of Respiratory Infectious Diseases: The Japanese Association for Infectious Diseases/Japanese Society of Chemotherapy - The JAID/JSC Guide to Clinical Management of Infectious Disease/Guideline-preparing Committee Respiratory Infectious Disease WG
      Journal of Infection and Chemotherapy, Vol. 22(7)Supplement, 2016 p. S1-S66
      全文PDF(2.44MB)
  • 尿路感染症・男性性器感染症WG
    『JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―尿路感染症・男性性器感染症―』

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年1号(1月) p.1~30
    概要
  • 腸管感染症WG
    『JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―腸管感染症―』

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年1号(1月) p.31~65
    概要
  • 歯性感染症WG
    『JAID/JSC感染症治療ガイドライン2016―歯性感染症―』

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年4号(7月) p.641~646
    概要
このページの先頭へ

チゲサイクリン適正使用のための手引き作成委員会

  • 『チゲサイクリン適正使用のための手引き2014』
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 62, 2014年3号(5月) p.311~366
    概要
このページの先頭へ

創薬促進検討委員会

  • 新規抗菌薬の開発に向けた6学会提言
    「耐性菌の現状と抗菌薬開発の必要性を知っていただくために」
    ―提言発表の背景と目的―

    概要
  • 新規抗菌薬の開発に向けた8学会提言
    (抗微生物薬適正使用推進委員会との合同提言)
    「世界的協調の中で進められる耐性菌対策」
    ―提言発表の背景と目的―

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年2号(3月) p.131~137
    概要
このページの先頭へ

抗微生物薬適正使用推進委員会

  • 抗菌薬の適正使用に向けた8学会提言
    抗菌薬適正使用支援(Antimicrobial Stewardship ; AS)プログラム推進のために
    ―提言発表の背景と目的―

    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年3号(5月) p.379~385
    概要
このページの先頭へ

PK/PD検討委員会

  • 抗菌薬のPK/PDガイドライン
    日本化学療法学会雑誌 Vol. 64, 2016年2号(3月) p.139~151
    概要
このページの先頭へ

四学会(日本感染症学会・日本化学療法学会・日本環境感染学会・日本臨床微生物学会)

  • 多剤耐性アシネトバクター感染症に関する四学会からの提言
    概要