ページの先頭です
  1. ホーム >
  2. 委員会報告・ガイドライン一覧 >
  3. 四学会(日本感染症学会・日本化学療法学会・日本環境感染学会・日本臨床微生物学会):抗菌薬の安定供給に向けた4学会の提言―生命を守る薬剤を安心して使えるように―
委員会報告・ガイドライン

委員会報告集

抗菌薬の安定供給に向けた4学会の提言
―生命を守る薬剤を安心して使えるように―

(2019年9月2日 掲載)

公益社団法人 日本化学療法学会 理事長 清田 浩
一般社団法人 日本感染症学会 理事長 舘田一博
一般社団法人 日本臨床微生物学会 理事長 舘田一博
一般社団法人 日本環境感染学会 理事長 吉田正樹

セファゾリンの供給停止に端を発し、その代替抗菌薬の不足を招くといった昨今の状況は、われわれ医療現場を混乱させております。この問題は改めてわが国のみならず世界的に抗菌薬生産に関して根深いことが明らかになりました。

そこでこの度、この四学会において、「抗菌薬の安定供給に向けた4学会の提言―生命を守る薬剤を安心して使えるようにー」の提言を作成し、8月30日付で根本匠厚生労働大臣宛に提出いたしました。

この提言にはさらに、抗菌薬の安定供給が不可欠なKey Drug 10剤を選定し、そのリストを同時に提出しております。なお、Key Drugは今後の情勢で薬剤を追加または削除する可能性があり、それに応じた改変を行う予定です。

四学会といたしましては今後も引き続きこの問題に取り組んでまいる所存です。皆様におかれましては現在の状況を乗り越え、抗菌薬の安定供給を実現すべくご協力賜りますようお願い申し上げます。

抗菌薬の安定供給に向けた4学会の提言
―生命を守る薬剤を安心して使えるように―
(PDFファイル 511KB)

抗菌薬のKey Drugの選定について(PDFファイル 2.87KB)