ページの先頭です
学会概要・学会賞

学術奨励賞

概要

本賞は、学術奨励基金制度により本学会が主催する年次総会において発表された優秀な学術研究、および本学会誌に1年間掲載された学術論文の中で、本学会の学術振興の上で優秀と認められた内容に対する表彰を行い、賞金を授与するものです。

公益社団法人日本化学療法学会 学術奨励基金取扱規定

2010年10月20日制定
2015年2月25日改定

第1条(基金の設定)
 公益社団法人日本化学療法学会(以下、「本学会」という。)は、学術及び研究・教育の興隆に寄与するため、本学会定款第4条第1項第4号に掲げる研究の奨励及び研究業績の表彰を目的に、公益社団法人日本化学療法学会学術奨励基金(以下、「本基金」という。)を設定する。

第2条(基金の構成)
 本基金は、本学会の趣旨に賛同する個人及び団体並びに法人からの寄付金をもって構成する。

第3条(基金による事業)
 本基金により運営する事業(以下、「本事業」という。)は、次の各号とする。
(1)本学会が主催する総会学術集会において発表された優秀な学術研究に対する表彰
(2)本学会が発行する学会誌に1年間に掲載された原著論文の中で、本学会による学術振興の観点から優秀と認められた学術研究に対する表彰

第4条(事業の資金)
 本事業に対する資金(以下、「奨励金」という。)は、原則として第2条に定める本基金及び本基金の運用から生じる果実をもってこれに充て、さらに余剰金が生じた場合は、これを本基金に組み入れるものとする。

第5条(運営委員会)
1 本事業の円滑な運営を図るため、次の構成員から成る学術奨励基金運営委員会(以下、「本委員会」という。)を置く。
委員長(1名)
委 員 本学会学術担当理事及び学術委員会委員
    本学会編集委員会委員長及び総会学術集会総会長
    本学会評議員(若干名)
監 事 本学会監事(1名)
2 本委員会の構成員は、本学会理事会によって選任される。
3 委員長は、委員の中から互選の上選出する。
4 委員及び監事の任期は、総会学術集会総会長を除きいずれも2年とする。ただし、再任を妨げない。
5 本事業を円滑に行うために委員長が必要と認めた場合、本委員会は、その決議をもって事業の遂行に関する運営要領を定めることができる。

第6条(審議及び承認)
 本事業における被表彰者及び授与する奨励金の額については、本委員会において審議し、その結果を本学会理事会が承認することによって確定するものとする。

第7条(表彰)
 本事業における表彰は、本学会定期総会において行う。

第8条(規定の変更)
 この規程は、本学会理事会の決議を経て改定することができる。

附則
 この規程は、本学会定款の施行の日から施行する。

対象となる学術論文

以下の学術集会で発表された研究、または学会雑誌に掲載された本学会員の論文
(年次総会)
 平成28年6月9日~11日 第64回日本化学療法学会総会
(掲載誌)
 日本化学療法学会雑誌第64巻1~6号
 Journal of Infection and Chemotherapy Vol. 22(1)~(12)

申請方法

所定の申請用紙を下記事務局まで請求して、提出する。
事務局案内

応募期間

平成28年12月末日